インスタグラマーが教える 撮影のコツ

「花火っていつもキレイに撮れない…」「水辺の写真は、なぜかブレちゃう」そんなお悩みありませんか?
このページではインスタグラマーがisai vividで撮影した画像と撮り方のコツをご紹介。
アナタのお悩み、解決するかも!

01

花火をキレイに撮るには?

撮影が難しい花火だって、isai vividならキレイに撮れる!
従来のスマホで撮ったものと比べると、その差は一目瞭然でしょ。

従来のスマホで撮影

isai vivid で撮影(してみた)

ygsnj

Instagramで見る

撮影テクニック説明

三脚を使い、シャッタースピードを遅くして、花火の光の流れの綺麗さと鮮やかさを表現しました。
雲っていたので、あえて色温度の色調を低く、色味を青くし、クリアな印象に見えるような演出をしました。

  • 露出露出:なし
  • シャッタースピードシャッタースピード:8秒
  • ISOISO:50
  • フォーカスフォーカス:オート
  • ホワイトバランスホワイトバランス:3400

isai vivid で撮影(してみた)

knsk_hnk

Instagramで見る

撮影テクニック説明

狙いを定めてカメラをしっかり固定します。
フォーカスは、オートではなく無限遠に設定しておきましょう。
そうすることで、フォーカスを合わせる時のタイムラグもなくなり、タイミングがつかみやすくなります。
花火が上がって、はじける直前にシャッターを切ると、きれいな軌跡が撮影できます。
予測して狙うのが難しい時は、思い切ってズームして部分だけを切り取るのも、抽象的な写真になって面白いですよ。

  • シャッタースピードシャッタースピード:2s/4s
  • ISOISO:50
  • フォーカスフォーカス:無限遠

02

食べ物を美味しそうに撮るには?

本当はとっても美味しいのに、スマホで撮ったら「あれ?」なんてこと結構ありますよね?
でも、isai vividなら食べ物がこんなに美味しそうに撮れるんです!

従来のスマホで撮影

isai vivid で撮影(してみた)

erihosomi

Instagramで見る

撮影テクニック説明

ハンバーグのアツアツ感を出すためにホワイトバランスの設定を5600にして、温かい色になるように設定しました。
湯気も一緒に撮りたいので背景がなるべく暗くなるようにアングルを決めて撮影しました!

  • シャッタースピードシャッタースピード:1/30
  • ISOISO:250
  • フォーカスフォーカス:1.8F固定
  • ホワイトバランスホワイトバランス:5600ケルビン

03

光の文字を撮るには?(バルブ撮影)

光の軌跡が美しいバルブ撮影。シャッタースピードを変えられるisai vividなら、アプリを入れなくてもステキな写真が撮れちゃいます!

isai vivid で撮影(してみた)

yurit0104

Instagramで見る

撮影テクニック説明

難しそうに見えますが、実は”暗ければどこでも撮れる”んです!
シャッタースピードを長めに設定し、スマートフォンを固定します。
あとはシャッターボタンを押している間に、カメラに向かってペンライトで文字を書くだけ。
たくさん人数を集めて、カラフルな色のペンライトを数本用意すれば、虹色にかがやく文字の完成!
水や地面の草などがある場所で撮れば、更にドラマチックでかわいい写真に仕上がります。

  • 露出露出:なし
  • シャッタースピードシャッタースピード:4
  • ISOISO:50
  • フォーカスフォーカス:オート
  • ホワイトバランスホワイトバランス:マニュアル

isai vivid で撮影(してみた)

casadetake

Instagramで見る

撮影テクニック説明

お祭りでゲットした魔法のステッキを使ってバルブ撮影に挑戦。
シャッタースピードを変えることでふつうのスマホでは撮れない光の軌跡までしっかり撮れました。こどもたちも面白がってくれましたよ。

  • シャッタースピードシャッタースピード:2
  • ISOISO:50
  • ホワイトバランスホワイトバランス:オート

04

水の動きをキレイに撮るには?

海やプールで撮影するなら、水の躍動感もしっかり写したいですよね?
マニュアル機能をちょっと操作するだけで、ステキな写真が撮れますよ。

isai vivid で撮影(してみた)

yurit0104

Instagramで見る

撮影テクニック説明

通常ブレてしまう水の動きを止める為に、
●シャッタースピードを速くする。
●ISO感度を上げる。

この2つの設定だけでいつもと違ったおもしろい写真が撮れますよ。
動きのある被写体におすすめのコツです。
ご家族の笑顔を、お友達と楽しいひと時を・・・
アイディアいっぱいの写真で、大切な思い出を更に楽しく残しましょう!

【上】

  • シャッタースピードシャッタースピード:1/6000
  • ISOISO:1000
  • フォーカスフォーカス:1.8F
  • ホワイトバランスホワイトバランス:マニュアル

【下】

  • 露出露出:なし
  • シャッタースピードシャッタースピード:1/6000
  • ISOISO:500
  • フォーカスフォーカス:オート
  • ホワイトバランスホワイトバランス:マニュアル

05

夜景をキレイに撮るには?

なんてことのない夜の道路でも、isai vividで撮ればとってもステキに!

isai vivid で撮影(してみた)

moririnrinrin

Instagramで見る

撮影テクニック説明

ホワイトバランスは、異世界感を出す為に低めに設定し、出来る限りスローシャッターにする為に感度は50に。渋谷の街は明るいので、今回は減光効果のあるNDフィルターをレンズ前に入れました。

全体の光のバランスを見ながら軌跡もしっかり撮れるように、シャッタースピードは15Sで撮影しています。
長時間の露光をするので、三脚固定は忘れずに!

車の前方と後方、両方見えるところが、二色の色を楽しめておすすめです。
カーブなどを利用して、線の動きを楽しむのも良いと思います。

  • シャッタースピードシャッタースピード:15秒
  • ISOISO:50
  • フォーカスフォーカス:1.8F
  • ホワイトバランスホワイトバランス:マニュアル

isai vivid で撮影(してみた)

moririnrinrin

Instagramで見る

撮影テクニック説明

東京は夜でも明るいので、 感度を50まで下げ、シャッタースピードを4Sまで落とし、 車の軌跡を写しました。
ホワイトバランスは3400にし、神秘的な東京をイメージしました。

  • 露出露出:なし
  • シャッタースピードシャッタースピード:4
  • ISOISO:50
  • フォーカスフォーカス:オート
  • ホワイトバランスホワイトバランス:マニュアル

撮影 How to を友達に教える

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア

Page Top