【製品リリース】3Dテレビ「CINEMA 3D」ハイグレードモデル「LW6500」シリーズ新発売

  • 更新
  • 2011/09/13

 


 

報道関係 各位                                                                                                                                     平成23年9月13日

 

 

軽いメガネが特徴の「FPR方式」を採用

3Dテレビ「CINEMA 3D」ハイグレードモデル「LW6500」シリーズ 新発売

9月15日から幕張メッセで開催される『東京ゲームショウ』で初展示

  LG Electronics Japan株式会社

 

 LG Electronics Japan株式会社 (代表取締役社長:李揆弘 本社:東京都港区)は、先進の技術とデザインを兼ね備えたLED液晶テレビ「LW6500」シリーズ3モデルを2011年10月上旬より発売します。
今回発売する「LW6500」は、FPR方式を採用した3Dテレビ「CINEMA 3D」シリーズのハイグレード機種で、動きの早い映像をクリアに再現する「TruMotion240」を搭載しています。また、パネルエッジをクリアブルーがかった透明色で仕上げたハイクラスデザインを採用し、55V型、47V型、42V型の大画面スクリーンサイズを取り揃えたシリーズです。
また、「CINEMA 3D」での3D映像鑑賞を更に快適にする、3Dメガネのバリエーションに女性向けとお子様向けを加えた「ファミリーパック」も追加されました。あらゆる世代に合わせた3Dメガネのラインアップで、選ぶ楽しさと軽くてお手軽な3Dスタイルを提供します。
なお、「LW6500」シリーズは今回9月15日から幕張メッセで開催される『東京ゲームショウ2011』内での展示も予定しております。

 

                                【製品リリース】3Dテレビ「CINEMA 3D」ハイグレードモデル「LW6500」シリーズ 新発売       

  LG Electronicsは韓国有数の企業グループであるLGグループの中核を成す、総合家電・情報通信機器メーカーです。1958年に電気機器メーカーとして創業、現在はホーム・エンターテイメント、モバイル通信、家庭電化製品、エアコン・エネルギーソリューションの4領域においてグローバルに事業を展開しています。
中でも液晶テレビの売り上げは、2010年で約124億USドル(総売上は約482億USドル)、販売台数は約2,350万台。出荷額は世界市場でシェア12.1%を占め、世界第2位の液晶テレビメーカーとなりました(米国市場調査機関ディスプレイサーチ社調べ)。その後もシェアを拡大し、2011年(第2四半期)には、13.1%を占める液晶テレビメーカーにまで成長しました。
 日本市場へは昨年11月に本格参入。昨年発売した「LX9500」は日本のマーケットニーズに合わせたハイエンドモデルで、そのデザイン性を高く評価していただいたばかりではなく、画質や録画機能についてもお客さまにご満足いただくことができました。
今回販売する新製品は、FPR方式を採用した、みんなで気軽に立体映像を楽しめる3Dテレビ「CINEMA 3D」を搭載し、当社ならではのテレビに対する理想と技術を再現した商品です。
製品の特長および仕様については以下の通りです。

■発売概要

CINEMA 3DLW6500」シリーズ

シリーズ

品番

画面サイズ(インチ)

価格

LW6500

55LW6500

55

¥OPEN(予想実売価格30万円前後)

47LW6500

47

¥OPEN(予想実売価格24万円前後)

42LW6500

42

¥OPEN(予想実売価格18万円前後)

※ CINEMA3Dテレビ製品にはベーシックタイプの3Dメガネ(AG-F210)が2個同梱されています。 

CINEMA 3D用メガネファミリーパック(計6本同梱)

フレームレスタイプ×1、クリップオンタイプ×2、クリアフレームタイプ×1、キッズタイプ×2の計6本セットです。

CINEMA 3D用メガネ

品番

価格

ファミリーパック

AG-F216

¥OPEN(予想実売価格10,000円前後)

 

 

フレームレスタイプ

AG-F260

約16.5g

 

 

クリップオンタイプ

AG-F220

約7.5g

 

 

クリアフレーム

---

約 8g

 

 

キッズタイプ

---

約 9.5g

■3Dテレビ「CINEMA 3D」シリーズの主な特長


バリエーションが増えた「CINEMA 3D」 は、「みんなで一緒に、もっと自由に3D 映像を楽しんでもらうこと」をコンセプトに開発した3Dテレビで、FPR (Film Patterned Retarder) 方式を採用しています。(FPR方式とは、右目用と左目用の映像を同時に表示することで、日常生活の中でモノを見るのと同じように、自然に立体映像を見ることのできる方式です。)
これまでの3D テレビでネックになっていた「リラックスしてみることができない」「3Dメガネが重く、充電が必要」「画面がちらつく」「疲れやすい」「映像が暗い」などの不満を解消。みんなで気軽に3D テレビを楽しめる視聴環境を実現しています。


1.新方式を採用し、「リラックスして」「みんなでも、斜めからでも見られる」ラクチンな3Dテレビに
どの角度から見ても色合いの変化が極めて少ない、広視野角の新IPS パネルと、テレビ画面との電子同期が不要なFPR 方式による独自の技術により、広い視聴範囲を実現しました。リビングのどの位置からでも、普通のテレビを見るように迫力のある立体映像を観賞できます。これにより、専用3Dメガネを人数分揃え、家族や友人など「みんなで」楽しむことも可能になりました。
また、IPSパネルの特性に加え、専用メガネは3D映画館で使用されることの多い「円偏向方式」を採用しています。首を傾けたりしても左右の映像情報がずれることがないため、リラックスした姿勢でクリアな3D映像を楽しむことができます。


2.シンプルな構造で、「軽く」「充電不要」の専用3Dメガネにファミリーパックを追加
FPR 方式の大きな特長はメガネが非常にシンプルなことです。メガネに電子回路やバッテリーがなく、偏光フィルムを貼るだけで充電不要。今回は、お客様からリクエストがあり商品化が決定したファミリーパックが新たに登場しました。ファミリーパックには、単品でご購入いただくことができ、メガネの上から付けられるクリップオンタイプや、ハーフフ
レームだからこその開放感あふれる3D映像をお楽しみいただけるフレームレスタイプなどに加え、女性向けのクリアフレームとお子様向けのキッズタイプをコンビネーションした6本パックとなります。
製品に同梱される付属のメガネ(AG-F210:ベーシックメガネ×2個)はわずか16.5グラムという軽さと、鼻や耳への負担が少ない、長時間かけていても疲れにくいデザインを実現しました。

3.チラつかず、目が疲れにくい3Dテレビ
「CINEMA 3D」 が採用しているFPR 方式は、日常、モノを見る時と同じように、左右の目で同時に映像を見るため、自然な感覚で目に優しいのが特長です。
人間は日常、左右の目から同時に視覚情報を得て、脳内で立体的な映像を認識しています。しかし、これまでの3D テレビでは、アクティブシャッター方式のメガネによって、左右の目から交互に時間差で視覚情報を得て脳内でひとつの画像を合成していました。そのため、シャッターなどに起因するチラつきや視覚情報を脳内補正するストレスが発生することがあり、長時間見ていると目や脳に負担がかかることがありました。
「CINEMA 3D」 では、右目用、左目用の画像を同時に再現することで、従来の問題点であったチラつき(フリッカー) が軽減し、長時間視聴しても疲れにくくなりました。また、従来よりも画像のブレ(クロストーク)を軽減し、クリアですっきりとした3D 映像が楽しめます。

4.動画機能に強い「TruMotion240」を搭載
動きのある映像で残像感を抑える倍速表示テクノロジー「TruMotion240」を搭載。デジタル映像処理技術により、新たに作り出したコマとLEDバックライトスキャンにより1秒間に240枚の映像を表示します。

5.クリアブルーのパネルエッジで、高いデザイン性を追求
「LW6500」シリーズは、画質はもちろんのこと、鑑賞する際に気持ちよく空間の中で映えるデザインを実現させたこだわりのフォルム。特にベゼルエッジをクリアブルーがかった透明色に仕上げることで、背景の色を拾い、空間へ溶け込む工夫を施しています。

6.鮮やかで明るい画像
これまでの3Dテレビはクロストークを軽減するための黒挿入や、左右交互に映像を見るため、映像が暗く感じがちでした。
「CINEMA 3D」では、常に左右同時に映像を届けるという構造に加え、3D映像の明るさを向上させるため、「ライトブースト」技術を採用。明るさを最大化し、さらにLEDのバックライトを細かく部分制御することで、従来の3Dテレビの約2倍(当社比)となる高輝度を実現しました。
これにより画像が明るくなり、コントラストの高い立体感あふれる映像が、蛍光灯など明るい部屋でも楽しめるようになりました。


7.2D映像を3D映像に変換して楽しむことも可能
「CINEMA 3D」は、LG独自の3D変換アルゴリズムにより、リアルタイムに2D映像を3D映像に変換することができます。お気に入りの写真や思い出のムービーなど、さまざまな映像をリアルな3D映像で美しく、ダイナミックに再現します。
※本製品の2Dto3D変換機能は個人及び家庭、また、これに準ずる範囲内の方々とお楽しみいただくものです。不特定多数の人に変換した3D映像を視聴させないようご注意ください。

■新製品の主な仕様

>>[主な仕様]Download

■『東京ゲームショウ2011』で「LW6500」シリーズの製品を展示


9月15日から幕張メッセで開催される『東京ゲームショウ2011』内の海外パビリオンコーナーで「LW6500」シリーズや「CINEMA 3D」モニターを展示します。
また、タッチ&トライコーナーも設置し、実際に「CINEMA 3D」の快適な視聴環境を体感いただけます。
『東京ゲームショウ2011』開催概要
名称:東京ゲームショウ2011/TOKYO GAME SHOW 2011
開催日時:2011年9月15日(木)、16日(金)10:00~17:00 ビジネスデー
2011年9月17日(土)、18日(日)10:00~17:00 一般公開
会場:幕張メッセ
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬 2-1
主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共催:日経BP社
後援:経済産業省

 

 

 

■LG Electronics Japan株式会社 会社概要

 -社   名  LG Electronics Japan株式会社(LG Electronics Japan Inc.)
 -本   社  〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー本館9階
 -U R L    http://www.lg.com/jp
 -設   立   1981年1月
 -資 本 金   13億8千万円(韓国LG Electronics 100%出資)
 -代 表 者  代表取締役社長 李  揆弘 (リ・ギュホン)

 -事業部門   ホーム・エンターテイメント事業 - 液晶テレビ、液晶モニター、デジタルサイネージ、ブルーレイプレーヤー、AV機器、
                              光学ストレージ、記録メディア
           モバイル通信事業              - 携帯端末、通信モデム
          ホーム・アプライアンス事業    - 洗濯機、冷蔵庫、ワインセラー

                  

 -従業員数  約120名
 -営業拠点  LGエレクトロニクスジャパンラボ(東京都品川区)
            日本デザイン研究所(東京都港区)
            大阪営業所(大阪市中央区)
            名古屋営業所(名古屋)
            九州営業所(福岡)

報道関係者からのお問い合わせ

 

共同PR株式会社

第1業務局 小林

 TEL:03-3571-5326(直通) FAX:03-3574-0316

Email:m-kobayashi@kyodo-pr.co.jp

 

LG Electronics Japan株式会社

コーポレートPRマネージャー 金 東建(キムドンゴン)

Email: donggun.kim@lge.com

TEL: 03-3588-1917(直通) FAX: 03-3586-3984

HP http://www.lg.com/jp   Special Site http://lgtv.jp