【製品リリース】お掃除ロボット「HOM-BOT」を3月上旬に発売

  • 更新
  • 2012/02/21

 


 

静音性とリチウムイオンバッテリーで長時間の運転を実現
お掃除ロボット「HOM-BOT2.0」
3月上旬に発売



  LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社

 
 LGエレクトロニクスの日本法人LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(代表取締役社長:李揆弘 本社:東京都港区)は、図書館並みの静かな掃除音とリチウムイオンバッテリーによるエコを実現したお掃除ロボット「HOM-BOT2.0」を3月上旬より順次発売します。価格はオープンです。

 「HOM-BOT2.0」は、本体の上部と下部に搭載したカメラセンサーで部屋全体のイメージを解析し、隅ずみまでムラなく無駄なく効率よくお掃除します。壁や家具などの障害物も障害物感知センサーにより、衝突することなくゆっくり近づきながらお掃除します。さらに、2つのカメラセンサーより最短ルートを算出し15畳の部屋を約18分という速さで効率的にお掃除します。
 低振動ファンを採用した低騒音設計により、図書館並みの静かな掃除音を可能にしました。また、バッテリーはリチウムイオンバッテリーを採用することで、充電式ニッケル水素電池に比べ寿命が約2倍長持ちする自動充電を実現しました。
 
お掃除ロボットは、時間に縛られることなく、スイッチ1つで好きなときに部屋をお掃除するため、空いた時間で好きなことを楽しめる新しいライフスタイルを創出します。

HOM-BOT

 

 

主な特長

 

家具などにぶつからないようスムーズな動きを実現

 本体の上部と下部のカメラセンサーで部屋全体のイメージを解析するデュアルアイを搭載。上部のカメラセンサーは最大毎秒30回の高速撮影で、天井と周囲の映像をワイドにとらえ正確に現在位置をマッピングします。また、下部のカメラセンサーは最大で毎秒2,000回という超高速撮影によって移動距離を精密に測り、同時に細かいハウスダストからダ二の死がい、髪の毛まで検出します。
 また、障害物感知センサーと加速度センサーを搭載。壁・ベッドなどを感知するとゆっくり近づきながらお掃除でき、衝突を防ぎます。床に敷かれたラグやカーペットがある場合も、厚さ1cm以下なら乗り越えてお掃除します。 さらに、段差感知センサーにより、階段や段差からの落下を防ぎます。

 

壁際のホコリも巻き上げずに拭き掃除も可能

 壁際や家具の周りの取りにくいゴミやホコリは、2つの側面回転ブラシで前面にかき出します。カーペットや絨毯の奥のゴミや髪の毛は、拡張ブラシを装備した底面の回転ブラシでかき取りながら吸い取ります。

 

排気へのこだわりを徹底

 ダストボックスには、綿ボコリや髪の毛などの見えるゴミを除去するスポンジフィルターと、換気の微細麈をキャッチするHEPAフィルターを備えています。微粒子を多くキャッチする表面積の大きなプリーツHEPAフィルターを採用して排気クオリティへのこだわりを徹底しています。

 

図書館並みの静かな掃除音

 「HOM-BOT2.0」で目指したのは、掃除音が図書館並みに静かであること。約48dBの低騒音設計で、今までにない静粛性を実現しました。吸引力を最大化しながら排出する空気を限りなく少なくすることで、チリやホコリを巻き上げにくい設計「エアーパスシステム」を採用しています。

 

約2倍長持ちするバッテリーを搭載

 「HOM-BOT2.0」は、リチウムイオンバッテリーを採用しているため、充電式ニッケル水素電池に比べ寿命が約2倍長持ちします。

 

主な仕様

 

品番 VR6170LVM
カラー レッド
JANコード 49-89027-003163
外形寸法 本体 Φ360×H90(mm)
ホームステーション W245×D193×H132(mm)
重さ 本体 3.2kg
ホームステーション 0.85kg
電源 100V 50Hz/60Hz
消費電力 23W
充電後の待機電力 4W
充電時間 約3時間(最長)
本体電源方式 充電式(リチウムイオン電池 14.8V 1,900mAh)
ダストボックス容量 0.4ℓ
掃除モード ジグザグ掃除/空間拡張掃除/集中掃除/リモコン手動掃除
走行スピード 350mm/sec
運転音 48dB
掃除時間 15畳(約25m2)の部屋を約18分

 

LG Electronics Japan株式会社 会社概要

 

 -社   名  LG Electronics Japan株式会社(LG Electronics Japan Inc.)
 -本   社  〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー本館9階
 -U R L    http://www.lg.com/jp
 -設   立   1981年1月
 -資 本 金   13億8千万円(韓国LG Electronics 100%出資)
 -代 表 者  代表取締役社長 李  揆弘 (リ・ギュホン)

 -事業部門   ホーム・エンターテイメント事業 - 液晶テレビ、液晶モニター、デジタルサイネージ、ブルーレイプレーヤー、AV機器、
                              光学ストレージ、記録メディア
           モバイル通信事業              - 携帯端末、通信モデム
          ホーム・アプライアンス事業    - 洗濯機、冷蔵庫、ワインセラー

                  

 -従業員数  約120名
 -営業拠点  LGエレクトロニクスジャパンラボ(東京都品川区)
            日本デザイン研究所(東京都港区)
            大阪営業所(大阪市中央区)
            名古屋営業所(名古屋)
            九州営業所(福岡)

 

 

===============================================

 
報道関係者からのお問い合せ先
 
担当:LG 広報代理(共同PR 株式会社) 
第一業務局 小林
Email:m-kobayashi@kyodo-pr.co.jp
TEL: 03-3571-5326(直通)  FAX: 03-3574-0316
 
LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社
広報担当 金 東建 (キムドンゴン)
Email:donggun.kim@lge.com
TEL: 03-3588-1917(直通) FAX: 03-3586-3984

 


関連リンク

「HOM-BOT2.0」製品詳細