当サイトをご覧いただくには、別のブラウザをご使用になるか、Internet Explorer9以上の新しいバージョンにアップグレードする必要があります。

当サイトはサイトではレスポンシブWebデザインを採用しています。お客様のブラウザの幅によってレイアウトが変化し、画面の小さいスマートフォンなどで閲覧した際も最適化させるため、以下の指示に従ってください。

Internet Explorer8をご使用の場合は、FirefoxやChromeなどの代替ブラウザを使用するか、Internet Explorer9以上のバージョンにアップグレードする必要があります。

Internet Explorer9以上のバージョンのブラウザを使用している場合は、以下の手順でInternet Explorerのブラウザの「互換表示設定」をオフにしてください:

  • 右ブラウザの上部をクリックし、「メニューバー」オプションが選択されていることを確認してください
  • メニューバーから「ツール」を選択し、「互換表示設定」を選択してください
  • ポップアップメニューのすべての3つのボックスをオフにし、「閉じる」をクリックします
  • お使いのブラウザが自動的に更新される準備ができました

【製品リリース】27型 「IPS277L-BN」と23型 「IPS237L-BN」 2機種を8月上旬より順次発売

  • 更新
  • 2012/07/24

 


 

MHL対応、狭額ベゼル「CINEMA SCREEN」採用の高透過率IPS液晶モニター
大画面27型 「IPS277L-BN」と23型 「IPS237L-BN」 2機種を8月上旬より順次発売

  LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社

 
 LGエレクトロニクスの日本法人LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(代表者:李揆弘代表取締役、本社:東京)は、わずか1.2mmのベゼルを採用し、MHLにも対応する液晶モニター「IPS277L-BN」(27型)、「IPS237L-BN」(23型)の2機種を2012年8月上旬より順次発売します。

価格はオープンになります。製品の特長および仕様については下記のとおりです。

「IPS7-01」 

 

主な製品特長

 

没入感を高めるベゼル幅がわずか1.2mm※1の「CINEMA SCREEN」

まるで映画館のスクリーンのように、広々と大きく、フレームをほとんど感じさせない画面を追求した「CINEMA SCREEN」。ベゼル幅は、27型の「IPS277L-BN」と23型の「IPS237L-BN」ともに1.2mm※1を実現し、映像視聴時の没入感を高めます。

※1 27型「IPS277L-BN」、23型「IPS237L-BN」それぞれのベゼル幅は本体向かって左側、右側、上部が各1.2mm。下部は「IPS277L-BN」が23.1mm、「IPS237L-BN」が22.1mm。非表示エリアは、「IPS277L-BN」の左側、右側、上部が各10.2mm、「IPS237L-BN」の左側、右側、上部が各9.6mm。

 

MHL対応で、スマホを大画面&高画質表示、さらに充電が可能

MHL(Mobile High-Definition Link)に対応するスマートフォン※2とMHLケーブルで接続すれば、フルHDの高精細な動画や写真をモニターの大画面で楽しむことができます。また、映像の伝送だけでなく、接続したスマートフォンの充電にも対応するため、充電しながらゲームを楽しむことも可能です。

※2 MHL対応のスマートフォンについては、MHL Consortium(http://www.mhlconsortium.org)でご確認ください。LGのスマートフォンは、Optimus Vu L-06D/PRADA phone by LG L-02D/Optimus LTE L-01Dが対応しています。

 

MHLケーブルを同梱

27型「ISP277L-BN」、23型「IPS237L-BN」ともにMHLケーブルを製品に同梱しているため、買ったその日からMHL対応スマートフォンと接続することができます。

 

透過率が高いIPSパネル採用で、従来IPSモデルと比較して約19%※3の消費電力を低減

従来よりも透過率が高いIPSパネルを採用することにより、輝度やコントラスト比はそのままで、消費電力は従来のIPSモデルと比較して、約19%※3低減となる28W※4を実現しました。また省エネ機能「Super Energy Saving」を利用することで、最大約38%※5の節電も可能になります。
もちろんIPSパネルの特長でもある優れた色の再現力や上下・左右178°の広視野角にも対応し、どこから見ても色鮮やかな画面をみることができます。

※3 従来IPSモデル「IPS236V-PN」(約36W)と「IPS237L-BN」の通常使用時(約29W)との比較。

※4 「IPS237L-BN」の通常使用時。「IPS277L-BN」の通常使用時は31W。

※5 従来IPSモデル「IPS236V-PN」(約36W)と「IPS237L-BN」のSuper Energy Saving使用時(約22W)との比較。

 

動画の表示も滑らか

応答速度もオーバードライブ機能を搭載することで、当社TNパネル採用液晶モニターの平均的な数値と同等となる「5ms」を実現。動画やゲームも滑らかに表示します。

 

ハードウェアキャリブレーションに対応

工場出荷時のキャリブレーションに加えて、より正確なカラーマネジメントが可能になるハードウェアキャリブレーションに対応します。またキャリブレーションソフト「True Color Finder」も付属し、キャリブレーションターゲットの設定も簡単に行うことが可能です※6

※6 キャリブレーションには市販のキャリブレーションセンサーが必要です。

 

カラーコントロール機能を搭載

赤・緑・青(RGB)とシアン・マゼンタ・イエロー(CMY)の6色の色相と彩度を自由に設定・保存ができます。各色レベルを個別に設定できるため特定色のみを色相変換することも可能です。

 

セカンダリモニターにもタスクバーを表示するデュアルモニター機能もOSDで簡単操作

プライマリモニターの拡張モードとしてセカンダリモニターを利用したり、プライマリモニターの複製モードとしてウィンドウだけでなく、タスクバーも含めてセカンダリモニターに表示できる設定を、OSDメニュー上で簡単に行えます。またデュアルウェブ機能により、操作しているウェブやドキュメントなどのウィンドウを瞬時に表示画面の半分サイズに変更し、操作画面の整理を素早く行うことも可能です※7

※7 デュアルモニター機能、デュアルウェブ機能の使用は、事前に付属のCDでソフトウェアをインストールする必要があります。またD-Sub、DVI-D入力の場合のみ有効です。

 

 

製品スペック 液晶モニター 「IPS277L-BN」/「IPS237L-BN」

 

モデル名 IPS277L-BN IPS237L-BN
サイズ 27インチ ワイド 23インチ ワイド
最大解像度 1920ドット×1080ライン
輝度 250cd/m2
コントラスト比 最大5,000,000:1 (DFC オフ1,000:1)
視野角 178°/178°
チルト角度・
スイベル角度・
高さ調整

上20°~下5°*8 ・なし・なし
表示色 約1670万色
ドットピッチ 0.311mm 0.265mm
応答速度 5ms(GTG)
走査周波数 水平 30~83kHz
垂直 56~75Hz
入力信号 映像 アナログRGB /デジタル/HDMI
同期 セパレート/コンポジット/SOG
入力端子 D-sub15ピン/HDMI1/HDMI2(MHL)
電源 AC 100~240V、50/60Hz
外形寸法(幅×高さ×奥行)*9 623.0×449.3×168.4mm 533.0×399.2×151.1mm
質量*9 5.3Kg 3.6Kg
Wall/Armマウントタイプ 非対応
プラグ&プレイ DDC2B
消費電力 通常動作時 31W 29W
オフ・待機時 0.5W 以下 0.5W 以下
適合規格 PSE、UL(cUL)、TUV、FCC-B、CE、EPA
OSD調整

明るさ、コントラスト、ワイド/オリジナル、シャープネス、ブラックレベル、
オーバースキャン、応答速度、ガンマ、色温度、6 色相環、
デュアルディスプレイ、True Color Finder、Super Energy Saving、
ボタン操作音 など

付属品

電源コード、D-sub15 ピン信号ケーブル、MHL ケーブル、
ユーティリティーディスク、保証書

※8 : スタンド台使用時
※9 : スタンド含む

 

LG Electronics Japan株式会社 会社概要

 

 -社   名  LG Electronics Japan株式会社(LG Electronics Japan Inc.)
 -本   社  〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー本館9階
 -U R L    http://www.lg.com/jp
 -設   立   1981年1月
 -代 表 者  代表取締役社長 李  揆弘 (リ・ギュホン)

 -事業部門   ホーム・エンターテイメント事業 - 液晶テレビ、液晶モニター、デジタルサイネージ、ブルーレイプレーヤー、AV機器、
                              光学ストレージ、記録メディア
           モバイル通信事業              - 携帯端末、通信モデム
          ホーム・アプライアンス事業    - 洗濯機、掃除機、冷蔵庫、ワインセラー

 -営業拠点  大阪営業所(大阪市中央区)
            名古屋営業所(名古屋)
            九州営業所(福岡)

 -研究拠点  LGエレクトロニクスジャパンラボ(東京都品川区)
            日本デザイン研究所(東京都港区)

 

===============================================

 
報道関係者からのお問い合せ先
 
担当:LG 広報代理(共同PR 株式会社) 
第8業務局 小林
Email:m-kobayashi@kyodo-pr.co.jp
TEL: 03-3571-5238(直通)  FAX: 03-3574-5380
 
LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社
広報担当 金 東建 (キムドンゴン)
Email:donggun.kim@lge.com
TEL: 03-3588-1917(直通) FAX: 03-3586-3984