当サイトをご覧いただくには、別のブラウザをご使用になるか、Internet Explorer9以上の新しいバージョンにアップグレードする必要があります。

当サイトはサイトではレスポンシブWebデザインを採用しています。お客様のブラウザの幅によってレイアウトが変化し、画面の小さいスマートフォンなどで閲覧した際も最適化させるため、以下の指示に従ってください。

Internet Explorer8をご使用の場合は、FirefoxやChromeなどの代替ブラウザを使用するか、Internet Explorer9以上のバージョンにアップグレードする必要があります。

Internet Explorer9以上のバージョンのブラウザを使用している場合は、以下の手順でInternet Explorerのブラウザの「互換表示設定」をオフにしてください:

  • 右ブラウザの上部をクリックし、「メニューバー」オプションが選択されていることを確認してください
  • メニューバーから「ツール」を選択し、「互換表示設定」を選択してください
  • ポップアップメニューのすべての3つのボックスをオフにし、「閉じる」をクリックします
  • お使いのブラウザが自動的に更新される準備ができました

【お知らせ】LGエレクトロニクス(旧「LG電子」)製 冷凍冷蔵庫「LR-A17PS」「LR-B17NW」リコール(無償部品交換)再告知のお知らせ

  • 更新
  • 2014/08/30

【お知らせ】

 

平成26年8月30日

LGエレクトロニクス(旧「LG電子」)製 冷凍冷蔵庫

「LR-A17PS」「LR-B17NW」

リコール(無償部品交換)再告知のお知らせ

報道関係各位

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社

 

 LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(代表取締役社長:李揆弘(リ・ギュホン)本社:東京都中央区)では、リコール(無償部品交換)の再告知をいたします。

 2003年9月から2005年4月にかけて製造いたしました一部の冷凍冷蔵庫におきまして、使用しているコンデンサーの不具合により、発煙・発火の恐れがあることが判明しております。
 2008年12月以来、リコール社告等にて部品交換のお知らせとお願いを行ってまいりましたが、全台数を確認するにはいたっておりません。いずれも人的被害はありませんが、未処理製品においてこれに起因するとみられる該当部品の焼損および住居等の焼損が確認されており、さらに今年に入り5件の事象が発生しております。
 つきましては、このたびリコールの再告知をさせていただくことといたしました。対象製品をご使用中のお客様宅へ訪問し、無償にて該当部品の交換を行わせていただきます。

 8月30日(土)より全国紙朝刊をはじめ一部ブロック紙にて順次社告を掲載するとともに、弊社ホームページにおいても改めて告知の上、専用コールセンターにてお問い合わせに対応いたします。
 なお、ご自宅以外(別荘、集会所など)の場所でのご使用にお心当たりのある場合や、すでに廃棄された情報についてのご連絡もお待ちしております。

 ご愛用中のお客様には多大なご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。
 何卒、ご理解とご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

■ リコール(無償部品交換)について ■

◆対象機種

LGエレクトロニクス(旧「LG電子」)製 冷凍冷蔵庫
「LR-A17PS」(全製品)
「LR-B17NW」(全製品)
 ※2003年9月から2005年4月にかけて、いずれも日本国内専用モデルとして製造。
 現在は販売されておりません。

◆対象機種名の表示位置

 対象機種名は、該当製品本体の下図3箇所に表示。

recall_image

◆対象数量(既販売分)

「LR-A17PS」~36,128台
「LR-B17NW」~12,409台

◆発生原因

 対象製品に組み込まれている部品のひとつであるコンデンサーに関して、製造元である韓国部品メーカーの製造工程における不備により欠陥が発生。コンデンサーの真空状態保持が不十分なことから経年とともに内部の酸化が進行し、想定以上の電気抵抗が生じることがある。これに伴い発熱し、場合によっては発煙・発火に至る。

◆これまでの経緯

 2006年6月以降、該当製品について使用中の焼損が報告された。事故性の可否や原因の究明を進めてきたところ、今回の対象製品2機種に共通して使用していた上記部品の不具合が原因と判明。経済産業省をはじめとする関係各所とも連携をとりつつ、最終的には当社の判断でリコールの対応を決定し進めてきた。
 いずれも人的被害は発生していないが、これに起因するとみられる該当部品の焼損および住居等の焼損・全焼がこれまでに計22件(全焼はうち1件)確認されている。

◆事故件数

対象モデル2006年2007年2008年2009年2010年2012年2013年2014年合計
LR-A17PS   3 1 2 1 4 1 2 14
LR-B17NW 1   2 1     1 3 8

 

◆被害の状況

時期場所機種名内容
06年6月 東京 LR-B17NW 当該品及び製周辺を焼損する火災が発生。
07年5月 北海道 LR-A17PS 当該製品から発火、当該製品及び周辺を焼損。
07年8月 大阪 LR-A17PS 当該製品から発火、当該製品及び周辺を焼損。
07年9月 山口 LR-A17PS 当該機器の後部付近が発火。
08年8月 福岡 LR-B17NW 当該製品と周辺が焼損する火災が発生。
08年10月 大阪 LR-B17NW 当該製品下部から発火。
08年11月 大阪 LR-A17PS 当該製品背面から発煙する火災が発生。
09年5月 東京 LR-A17PS 当該製品から発火、当該製品及び周辺を焼損。
09年8月 神奈川 LR-A17PS 当該製品から発煙する火災が発生。
09年8月 佐賀 LR-B17NW 当該製品から発火、当該製品及び周辺を焼損。
10年7月 愛知 LR-A17PS 当該製品から出火する火災が発生、当該製品及び周辺を焼損。
12年6月 三重 LR-A17PS 当該製品から出火する火災が発生、当該製品及び周辺を焼損。
12年7月 愛知 LR-A17PS 当該製品及び周辺を焼損する火災が発生。
12年8月 愛媛 LR-A17PS 当該製品から出火する火災が発生、当該製品を焼損、周辺を汚損。
12年9月 神奈川 LR-A17PS 当該製品から発煙、当該製品を焼損する火災が発生。
13年7月 東京 LR-A17PS 当該製品から発煙、当該製品を焼損、周辺を汚損する火災が発生。
13年7月 静岡 LR-B17NW 当該製品及び周辺を焼損する火災が発生。
14年7月 長崎 LR-A17PS 当該製品及び周辺を焼損する火災が発生し、建物を全焼。
14年7月 秋田 LR-A17PS 当該製品及び周辺を焼損する火災が発生。
14年7月 佐賀 LR-B17NW 当該製品及び周辺を焼損する火災が発生。
14年7月 熊本 LR-B17NW 当該製品から発煙する火災が発生。
14年8月 三重 LR-B17NW 当該製品及び周辺を焼損する火災が発生。

 

◆対応内容

 対象製品をご使用中のお客様に以下の方法でご連絡をいただき、担当者が訪問。
そのうえで、無償にて該当部品の交換処理を実施。

◆お客様からのお問い合わせ方法

・フリーダイヤル 0120-004027(受付時間/土日祝含め毎日9:00~18:00)
 ※10月1日(水)以降は平日9:00~18:00

◆告知

 8月30日(土)より全国紙朝刊をはじめ一部ブロック紙にて順次社告を掲載するとともに、弊社ホームページ(http://www.lg.com/jp)にて告知いたします。




以上

本件に関する報道関係者様のお問い合せ先

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社
広報担当:金 東建(キム・ドンゴン)/竜野
Email: pr.jp@lge.com
TEL: 03-5299-4644(直通) FAX: 03-5299-4699