当サイトをご覧いただくには、別のブラウザをご使用になるか、Internet Explorer9以上の新しいバージョンにアップグレードする必要があります。

当サイトはサイトではレスポンシブWebデザインを採用しています。お客様のブラウザの幅によってレイアウトが変化し、画面の小さいスマートフォンなどで閲覧した際も最適化させるため、以下の指示に従ってください。

Internet Explorer8をご使用の場合は、FirefoxやChromeなどの代替ブラウザを使用するか、Internet Explorer9以上のバージョンにアップグレードする必要があります。

Internet Explorer9以上のバージョンのブラウザを使用している場合は、以下の手順でInternet Explorerのブラウザの「互換表示設定」をオフにしてください:

  • 右ブラウザの上部をクリックし、「メニューバー」オプションが選択されていることを確認してください
  • メニューバーから「ツール」を選択し、「互換表示設定」を選択してください
  • ポップアップメニューのすべての3つのボックスをオフにし、「閉じる」をクリックします
  • お使いのブラウザが自動的に更新される準備ができました

【プレスリリース】「VGP2017」で有機ELテレビが「審査員特別賞」、「HiVi冬のベストバイ2016」で「OLED 55B6P」がベストバイを受賞

  • 更新
  • 2016/11/17

【プレスリリース】

平成28年11月17日

報道関係各位

LGエレクトロニクス、有機ELテレビが数々の賞を受賞

「VGP2017」で有機ELテレビが「審査員特別賞」、
「HiVi冬のベストバイ2016」で「OLED 55B6P」がベストバイを受賞

 

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社

 

 

 

 

  LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(代表取締役社長:李仁奎(イ・インギュ) 本社:東京都中央区)が日本市場で販売する、自発光ディスプレイを搭載した有機ELテレビの2016年モデルが、オーディオ・ビジュアル・アワードにおいて権威のある「VGP2017」と「HiVi冬のベストバイ 2016」にて、各賞を受賞しましたのでお知らせします。

 

  株式会社音元出版が主催するオーディオ・ビジュアル・アワード「VGP2017」においては、LGエレクトロニクスの有機ELテレビ全般に対し、「ハイグレードな映像体験を提供する大画面有機ELテレビの商品化に成功した」として、「審査員特別賞」を受賞しました。この「審査員特別賞」は、今年より新たに制定された賞で、自社グループの開発技術により、次世代ディスプレイと言われる自発光ディスプレイを搭載した有機ELテレビの商品化を実現したことが高く評価され、受賞に至りました。

 

  さらに、株式会社ステレオサウンドが発行するAV専門誌「HiVi(ハイヴィ)」の「HiVi冬のベストバイ 2016」の「ディスプレイ部門Ⅱ」では、50型台のテレビにおいて、55型の有機ELテレビ「OLED 55B6P」が「ベストバイ」を獲得しました。「OLED B6P」シリーズは、有機ELテレビのスタンダードモデルとなっており、自発光ディスプレイの有機ELだけが表現できる映像美を体感でき、さらにハイエンドシリーズ「OLED E6P」にも劣らない映像美でありながら、お求めやすい価格帯であることが高く評価されました。
  LGエレクトロニクス・ジャパンでは、さらなる技術革新を進めていき、有機ELテレビの普及に努めてまいります。

 

LGエレクトロニクス、有機ELテレビが数々の賞を受賞

「OLED 55B6P」
※「HiVi冬のベストバイ2016」においてベストバイ受賞

 

■受賞製品について

「VGP 2017」

LGの有機ELテレビ現行モデル (以下、2016年モデルラインアップ)

  • ・77型ハイエンドモデル(プレミアムブランド「LG SIGNATURE」)「OLED G6P」(77型)
  • ・65・55型ハイエンドシリーズ「OLED E6P」シリーズ(65/55型)
  • ・曲面型モデル「OLED C6P」(55型)
  • ・スタンダードシリーズ 「OLED B6P」シリーズ(65/55型)

 

「HiVi冬のベストバイ 2016」

55型の「OLED B6P」シリーズ、「OLED 55B6P」

※参考:有機ELテレビスペシャルサイト  http://www.lg.com/jp/oled_tv/index.html

 


 

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社は、20086月より「LG電子ジャパン株式会社」から

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(英文表記:LG Electronics Japan Inc.」に法人名を変更しています

 

社名:             LG Electronics Japan株式会社(LG Electronics Japan Inc.)

本社:             〒104-8301東京都中央区京橋2-1-3 京橋トラストタワー15階

URL:             http://www.lg.com/jp

設立:             1981年1月

代表者:           代表取締役社長 李 仁奎(イ・インギュ)

事業内容:     LGエレクトロニクス製品の日本向け輸入販売業。現在は3事業の営業を展開

                    <ホーム・エンターテインメント>テレビ、AV機器、モニター、クラウドモニター、 広告・商業用パブリックディスプレイ、サイネージディスプレイ等

                    <モバイル・コミュニケーション>スマートフォン含む携帯電話、タブレット端末、 モバイルアクセサリー等

                     <ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション>ロボット掃除機、寝具用掃除機、太陽光発電モジュール等

 

 

 

LGエレクトロニクスについて

LG エレクトロニクスは、モバイル関連製品、家電製品などコンシューマ・エレクトロニクスのグローバルリーダーおよびイノベーターとして、世界119の事業拠 点に約83,000人の従業員を擁しています。2015年の世界市場の売上は488億ドルで、「ホーム・エンターテインメント」、「モバイル・コミュニ ケーションズ」、「ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション」、「ビークル・コンポーネンツ」の4事業からなり、テレビ、携帯端末、エアコン、洗濯 機、冷蔵庫を製造する世界有数の総合家電メーカーです。また、LGエレクトロニクスは、「2015エネルギースター・アワード」において「パートナー・オ ブ・ザ・イヤー」賞を受賞しています。詳しくは、www.LG.comをご覧ください。

 

 

報道関係者様のお問い合せ先

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社

広報担当:金 東建(キム・ドンゴン)/竜野

Email: pr.jp@lge.com TEL: 03-5299-4603(直通) FAX: 03-5299-4699