Skip to Contents
閉じる

サポートライブラリー

製品情報やトラブルシューティングに関する情報をご案内します。

検索オプションを利用して、製品のインストール、メンテナンス、トラブルシューティングなどご確認ください。

3D映像視聴時の注意事項

  • その他
  • その他
  • 実行方法
  • プロジェクター
  • 最終更新 2016/09/05

3D映像視聴時の注意事項



 対処方法


※特に、お子様の3D映像視聴には十分ご注意ください。


3D映像を視聴する際には、

1.5歳以下のお子様の視聴はお控えください。目を損傷する可能性があります。

2.10歳以下のお子様の視聴の際には、長時間の視聴が目を損傷する可能性があります。
また、スクリーンを触ったり、倒したりして怪我の可能性もありますので保護者と一緒にご視聴ください。

3.成長中のお子様は大人より3D映像の刺激を受けやすい傾向があると言われています。

4.お年寄りの場合は一般的に3D映像を感じにくいと言われています。
スクリーンに近づき過ぎないようにご注意ください。

5.適切な距離での視聴をお願いします。ただし、遠くなったり、横になると3D映像としてお楽しみいただけません。

6.電源を入れた後、調整のため左右にイメージが光る場合があります。

7.スクリーンから目を離し、また戻した場合は一時的に3D映像が一般映像に見える場合があります。

8.3波長蛍光灯(50Hz to 60Hz)で3D映像を視聴すると、ゆっくりと映像が点滅する場合があります。

9.3Dメガネは必ずDLP-LINK(DLP Ready)タイプをご使用ください。

10.3Dプロジェクターを設置する際にはなるべく他の機器から離して設置してください。





この情報についてご意見をお聞かせください。

Q1.この情報にご満足いただけましたか?
Q1-1。この情報の役立ち度について、なぜ不満でしたか?

残り: 500 / 500