Skip to Contents
閉じる

サポートライブラリー

製品情報やトラブルシューティングに関する情報をご案内します。

検索オプションを利用して、製品のインストール、メンテナンス、トラブルシューティングなどご確認ください。

[ プロジェクター ] 台形型に映るのを、キーストーン機能で調整したい

  • その他
  • その他
  • トラブルシューティング
  • プロジェクター
  • 最終更新 2016/09/15
台形型に映るのを、キーストーン機能で調整したい


 相談内容

 

 プロジェクターからの映像が台形型に映るのを、キーストーン機能で調整したい

 

 

 設定方法

  

 

スマートテレビ以外


[メニュー] → [設定] → [自動台形] → [オプション]:[オン] または [キーストーン]
自動台形補正機能がある場合、「オン」にします。
ない場合は、「キーストーン」を選択し、手動で調整してください。


※キーストーン機能とは?


プロジェクターの設置時、映す出されるスクリーン面に対して、プロジェクターが仰角(水平よりも見上げた角度)、

または俯角(水平よりも見下ろす角度)がある場合、画面が台形にゆがみます。この台形のゆがみを調整するのがキーストーン機能です。


ミニビームは、上、または下に調整のキーストーン機能を備えておりますが、左、または右に調整する機能を備えていません。
左右調整したい場合は、ミニビーム本体を移動させてください。
天井に設置する場合は、リバース(「逆」)を選択してください。([オプション]→ [PJTモード] → [リバース])
















この情報についてご意見をお聞かせください。

Q1.この情報にご満足いただけましたか?
Q1-1。この情報の役立ち度について、なぜ不満でしたか?

残り: 500 / 500