Skip to Contents Skip to Footer

法人向け太陽光発電

自家消費型法人向け
太陽光システム

ビジネスに大きなメリットを生み出す

太陽光エネルギーが今後のビジネスを大きく変える

多くの企業が、
太陽光発電に注目する理由

太陽光発電は、排気ガス・騒音・有害な物質を出すことがないクリーンなエネルギーとして注目されてきましたが、
近年、太陽光発電の導入コストが下がったことと、自家消費型のメリットが年々上がってきた事により
工場や商業施設を中心とした企業に、関心が高まってまいりました。
ビジネスの様々な課題を解決する、太陽光発電を是非ご検討ください。

自家消費型 太陽光発電システムのメリット

企業価値の向上

クリーンエネルギーの導入で
企業の「価値」を高め「目に見えるCSR活動」を

菅総理大臣の所信表明演説で、「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」目標が示され、
「脱炭素社会」の実現を企業でも積極的に考えることが求められています。
その鍵を握る「再生可能エネルギー」、
その中で最も本命視されている太陽光発電は、世界各国で急速に普及が進んでいます。

自家消費型太陽光発電は、経済産業省や自治体などの補助を受けながら
「目に見えるCSR活動」として取り入れることができ、
電気料金の削減など経済的なメリットにも繋げられる一石二鳥なアクションです。

直接は利益を生まない「CSR(corporate social responsibility(企業の社会的責任))活動」は、
開始してもすぐにメリットは表れませんが、継続的・長期的に実践することで
企業評価・企業イメージ・知名度・ブランド価値の向上、
従業員のモチベーションアップ、ステークホルダーとの関係向上などに繋がります。

企業価値の向上と、経済的なメリットを得られる自家消費型太陽光発電を是非ご検討ください。

電気料金の削減

自家消費型 太陽光発電システムは
電気代の高騰リスクに備える効果的な手段です

震災以降、電気代はなんと約25%も値上。
今後ますます上昇していくと考えられています。

2011年の原発事故をきっかけに、全国で原子力発電の停止が相次ぎ、
原油価格の高騰・再エネ賦課金単価の上昇などの影響を受け、電気料金は値上げが続いています。
新興国の発展に伴い石油の需要が高まり続けている為、
2030年以降には1バレル当たりの原油価格は現在よりも高い水準をマークすると予想されています。

今後も続く電気代の値上げリスクに備え太陽光発電を。
太陽光発電は「売る」より「使う」がお得な時代へ

再生可能エネルギーの普及を目的とした 「固定価格買取制度」も
年々買い取り価格が下がり、売電目的の導入はメリットがなくなってきました。

しかし、買取価格が下落している中、電気代は年々上昇しています。
上がり続ける電気代を削減する為に
「自家消費型 太陽光発電システム」での導入を進める企業が増えています。
自家消費した電気代は、再エネ割賦金も不要の為、
電気を多く使うオフィス、工場、商業施設などは、特にメリットが大きいと考えられます。

買取価格と電気料金の推移

固定価格買取制度の買取価格の下落により、売る(売電)よりも使う方が経済的メリットが高くなりました。

最短4ヶ月〜、
導入が早い「自家消費型 太陽光発電システム」

「自家消費型 太陽光発電システム」が、企業に注目される様になった理由の1つとして
「売電」するパターンに比べ、手続きが少なく導入が早い点が挙げられます。

電気の買い取り価格は今後下がり続けると考えられ、「売電」のメリットが低くなっている今こそ
スピーディーに導入でき、企業のメリットにコミットできる
「自家消費型 太陽光発電システム」をおすすめしています。

自家消費型 太陽光発電システムはLGにお任せください

LGでは、「自家消費型 太陽光発電システム」の豊富な導入実績がございます。
高品質で、最大効率の発電が期待できるLGの太陽光発電システムにお任せください

非常時の電源

近年、集中豪雨や台風による災害で停電の発生が増えており、
インフラで復旧が早いと言われる電気も停電が長引くケースがあります。
蓄電池システムとの組み合わせでBCP対策(災害対策)も可能です。

西日本豪雨

停電戸数
約1万5千戸(中国電力)
(復旧まで最長8日以上)
(2018年6月~7月)

台風21号

停電戸数
約225万8千戸(関西電力)
約67万戸(中部電力)
(復旧まで最長2週間以上)
(2018年9月)

台風24号

停電戸数
約102万戸(中部電力)
約51万戸(東京電力)
約21万9千戸(沖縄電力)
(復旧まで最長6日以上)
(2018年9月)

災害はビジネスを大きく停滞させるリスクの一つです。

自家消費型 太陽光発電は、自立運転機能付きのパワーコンディショナーと組み合わせることで停電時でも日中の電力の一部を賄えるほか、
蓄電池との組み合わせによって、発電した電力を充電して使用できる場合があり、
BCP対策の手段として考えることができます。

停電におけるデメリット

停電における影響は、業務が中断されるだけではなく
重要なデータなどの破損や、セキュリティシステムが停止することによる不法侵入や盗難被害まで
ビジネスに大きな損害を与えるリスクがあります。

工場の停止

停電による工場の操業停止リスク

データ消失

サーバー停止によるデータ破損リスク

設備の停止

エレベーターや自動ドアの停止、
監視カメラなどのセキュリティの停止リスク

自家消費型 太陽光発電システムは蓄電池と組み合わせることで
災害リスクに備えるBCP対策にもなります。
導入の相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

税制優遇・補助金

中小企業経営強化税制(法人税 所得税)の活用により、
30%特別償却又は税額控除7%の税額控除が可能です。

※ 30%特別償却のみ適用

対象設備:
令和4年3月31日までに導入した対象設備
利用出来る方:
資本金1億円以下の法人、個人事業主など
要件:
生産性が年平均1%以上向上する設備であることなど

太陽光発電システムの導入によって得られる支援政策に、中小企業経営強化税制がございます。
「30%特別償却」又は「税額控除7%」のいずれかを選択して適用できるため、
企業の金銭的負担を大きく減らせます。

詳しくは下記までお問い合わせください。

導入の流れ

太陽光発電システムのご相談からアフターケアまでお客さまに寄り添って導入を支援しています

全国で発電している
LG SOLAR

市場販売量