当サイトをご覧いただくには、別のブラウザをご使用になるか、Internet Explorer9以上の新しいバージョンにアップグレードする必要があります。

当サイトはサイトではレスポンシブWebデザインを採用しています。お客様のブラウザの幅によってレイアウトが変化し、画面の小さいスマートフォンなどで閲覧した際も最適化させるため、以下の指示に従ってください。

Internet Explorer8をご使用の場合は、FirefoxやChromeなどの代替ブラウザを使用するか、Internet Explorer9以上のバージョンにアップグレードする必要があります。

Internet Explorer9以上のバージョンのブラウザを使用している場合は、以下の手順でInternet Explorerのブラウザの「互換表示設定」をオフにしてください:

  • 右ブラウザの上部をクリックし、「メニューバー」オプションが選択されていることを確認してください
  • メニューバーから「ツール」を選択し、「互換表示設定」を選択してください
  • ポップアップメニューのすべての3つのボックスをオフにし、「閉じる」をクリックします
  • お使いのブラウザが自動的に更新される準備ができました
コンテンツをスキップ
Art & Culture

LG SIGNATURE
ついに日本上陸

国立新美術館を舞台に、「アートギャラリー」をテーマにしたローンチイベントでは、美しいミニマルデザインと最先端テクノロジーが融合した展示を披露しました。

舞台となったのは、偉大な建築家、黒川紀章により設計された東京・国立新美術館。LG SIGNATUREをアート作品に見立てて展示し、著名人によるトークショーなどを行いました。

会場には250名を超えるVIPゲストが出席し、LG SIGNATUREの世界観を体感しました。

会場では、イタリアで活躍する写真家、デルフィノ・シスト・レニャーニ氏とのコラボレーション写真展を同時開催。イタリア・ミラノにある有名なコンドミニアム、モンテ・アミアータ・コンプレックスで撮影が行われました。レニャーニ氏が撮影した作品は、ミニマリズムを追求し、時空を超越した絶対的な瞬間を表現しています。

「時代を超越したもの」の象徴として日本固有の盆栽を用いた作品
「自然」と「最先端技術」の融合
「小さな自然」と「大きなテクノロジー」

会場では映画監督の安藤桃子さんと、シェフの木下威征さんが登壇し、製品の魅力や、LG SIGNATUREがあることによって起こるライフスタイルの変化などを語ってくれました。

デンマークのプロダクトデザイナーとして高く評価され、LG SIGNATUREを手掛けるホームアプライアンス統括デザイナー、トーステン・ヴァルアー氏もイベントに出席。LG SIGNATUREのデザインや、ブランドフィロソフィーについて語りました。

LG SIGNATUREの日本での発売について、LGエレクトロニクス・ジャパン代表取締役の李 栄彩(イ・ヨンチェ)は、「LG SIGNATUREは、世界一美しい家電を目指している。最先端の技術を惜しみなく投入しつつも、不要な機能を果敢に取り除くことででミニマルなデザインを実現した。家電を絵画のように部屋に飾って欲しい」とアピールしました。

* 一部コンテンツに海外仕様の製品が含まれています。
本サイト内の画像や動画に含まれる製品のデザイン、及び仕様は国内向け製品と異なる場合があります。

FOLLOW US

LG SIGNATUREの最新情報をご紹介します。

facebook sns icon
twitter sns icon
youtube sns icon
instagram sns icon

LGエレクトロニクス・ジャパン
カスタマーセンター

LGエレクトロニクス・ジャパンカスタマーセンターでは、
お客様に「LG製品とともにある快適な暮らし」をご提供することを目指し、
積極的にサポートします。