当サイトをご覧いただくには、別のブラウザをご使用になるか、Internet Explorer9以上の新しいバージョンにアップグレードする必要があります。

当サイトはサイトではレスポンシブWebデザインを採用しています。お客様のブラウザの幅によってレイアウトが変化し、画面の小さいスマートフォンなどで閲覧した際も最適化させるため、以下の指示に従ってください。

Internet Explorer8をご使用の場合は、FirefoxやChromeなどの代替ブラウザを使用するか、Internet Explorer9以上のバージョンにアップグレードする必要があります。

Internet Explorer9以上のバージョンのブラウザを使用している場合は、以下の手順でInternet Explorerのブラウザの「互換表示設定」をオフにしてください:

  • 右ブラウザの上部をクリックし、「メニューバー」オプションが選択されていることを確認してください
  • メニューバーから「ツール」を選択し、「互換表示設定」を選択してください
  • ポップアップメニューのすべての3つのボックスをオフにし、「閉じる」をクリックします
  • お使いのブラウザが自動的に更新される準備ができました
コンテンツをスキップ

【訂正とお詫び】プレスリリースの訂正とお詫び

  • 更新
  • 2017/07/28

【プレスリリース】

 

報道関係各位

 

<プレスリリースの訂正とお詫び>

 

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社

 

  謹啓  平素より弊社および弊社製品に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、2017年4月26日(水)に発表いたしました報道資料におきまして、記載内容に一部誤りがございました。ここに訂正させていただきますとともに、皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

 

謹言

 

 

【該当リリース】

 

2017年4月26日付
『約21.3インチのフルHD映像を最大4画面まで表示可能
 42.5インチの大画面IPS 4Kモニター「43UD79-B」を5月19日(金)より全国で順次発売』

 

【該当箇所】

 

『6.目に優しい「ブルーライト低減モード」「フリッカーセーフ」を搭載』

モニターのバックライトは、目に見える可視光線の中でも網膜まで達する強い光とされる青色光「ブルーライト」を発しており、目や体に大きな影響があるといわれています。また、LEDバックライトは、輝度を調整する際に高速で明滅を繰り返すため、画面のちらつき「フリッカー」が発生し、長時間ディスプレイを見ていると、頭痛や疲れ目などにつながるとされています。ブルーライトを低減する「ブルーライト低減モード」、フリッカーを抑制する「フリッカーセーフ」によって長時間の作業や鑑賞の際に目の負担を軽減します。

 

上記で、『「フリッカーセーフ」を搭載』という記載がございますが、
正しくは、「フリッカーセーフ」は搭載していないモデルとなります。

 

以上

 

報道関係者様のお問い合せ先

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社
広報担当:阿部/金 東建(キム・ドンゴン)
Email: pr.jp@lge.com
TEL: 03-5299-4603(直通) FAX: 03-5299-4699