当サイトをご覧いただくには、別のブラウザをご使用になるか、Internet Explorer9以上の新しいバージョンにアップグレードする必要があります。

当サイトはサイトではレスポンシブWebデザインを採用しています。お客様のブラウザの幅によってレイアウトが変化し、画面の小さいスマートフォンなどで閲覧した際も最適化させるため、以下の指示に従ってください。

Internet Explorer8をご使用の場合は、FirefoxやChromeなどの代替ブラウザを使用するか、Internet Explorer9以上のバージョンにアップグレードする必要があります。

Internet Explorer9以上のバージョンのブラウザを使用している場合は、以下の手順でInternet Explorerのブラウザの「互換表示設定」をオフにしてください:

  • 右ブラウザの上部をクリックし、「メニューバー」オプションが選択されていることを確認してください
  • メニューバーから「ツール」を選択し、「互換表示設定」を選択してください
  • ポップアップメニューのすべての3つのボックスをオフにし、「閉じる」をクリックします
  • お使いのブラウザが自動的に更新される準備ができました
コンテンツをスキップ

【製品リリース】4K液晶テレビ 2019年ラインアップ全5シリーズ10モデルを4月25日(木)より順次発売

  • 更新
  • 2019/04/16

 

【プレスリリース】

 

 

新4K衛星放送対応チューナーを全モデルに搭載
IPSパネルと4つの「ナノテクノロジー」、AIで映像・サウンドもさらに進化

4K液晶テレビ 2019年ラインアップ
全5シリーズ10モデルを4月25日(木)より順次発売

 

報道関係各位

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社

  LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(代表取締役:李 栄彩(イ・ヨンチェ) 本社:東京都中央区)は、新4K衛星放送対応チューナーを搭載した、4K液晶テレビの2019年ラインアップとして全5シリーズ10モデルを2019年4月25日(木)より全国で順次発売します。

 

  今年の液晶テレビのラインアップでは、広視野角で高い色彩表現を可能にしたIPS 4Kパネルを全モデルに採用し、「LG NanoCell TV AI ThinQ」である「SM9000P」、「SM8600P」、「SM8100P」シリーズと、「LG UHD TV AI ThinQ」である「UM7500P」、「UM7100P」シリーズを展開。全てのモデルに新4K衛星放送対応チューナーを搭載し、これから本格的に始まる新4K衛星放送を臨場感ある高精細な画質で視聴することが可能です。

 

  「LG NanoCell TV AI ThinQ」では、独自開発の4つの「ナノテクノロジー」を搭載し、大きな進化を遂げました。※1 まず1つ目の「NanoColor」は、LG独自のNano Cellテクノロジーで従来のIPSパネルよりもクリアで鮮明な映像を可能に。2つ目の「NanoBlack」は、直下型バックライトによってより細やかに調光し、深く沈み込む黒を再現。3つ目の「NanoAccuracy」は、斜めから見ても正確な色再現し、10bitパネルによって自然の色合いをより忠実に再現します。そして4つ目の「NanoBezel」は、極細ベゼルを採用し、映像への没入感を高める効果があります。

 

  さらに、全モデルに映像エンジン「α7 Gen2 Intelligent Processor」を搭載。見るコンテンツに合わせて、最適な画像処理を行う「AI映像」と音質調整を行う「AIサウンド」により、かつてないテレビ体験を提供します。操作性においても、LG独自のAIプラットフォーム「ThinQ AI」がさらに進化。「30分後にテレビを消して」など、自然な会話感覚での音声操作が可能になりました。
  「Google アシスタント」・「Amazon Alexa」※2 も内蔵し、リクエストに幅広く応えるだけでなく、ユーザーの好奇心を満たすさまざまな提案を行います。

 

  • ※1 搭載されている機能はモデルによって異なります
  • ※2 アップデートにて対応予定

 

ラインアップ

 

<発売概要>

 

シリーズ品番インチ価格(予想実売価格・税別)発売予定日
SM9000P 65SM9000PJB 65 オープン価格(300,000円前後) 2019年4月25日(木)
55SM9000PJB 55 オープン価格(220,000円前後)
SM8600P 75SM8600PJB 75 オープン価格(430,000円前後)
SM8100P 65SM8100PJB 65 オープン価格(230,000円前後)
55SM8100PJB 55 オープン価格(180,000円前後)
49SM8100PJB 49 オープン価格(150,000円前後)
UM7500P 65UM7500PJA 65 オープン価格(210,000円前後)
55UM7500PJA 55 オープン価格(160,000円前後)
43UM7500PJA 43 オープン価格(110,000円前後)
UM7100P 49UM7100PJA 49 オープン価格(130,000円前後)

 

ラインアップ

 

■主な製品特長

 

<全モデルに新4K衛星放送が楽しめるチューナー内蔵。デジタル放送の裏番組にも対応>

 

新4K衛星放送が楽しめるチューナー内蔵。デジタル放送の裏番組にも対応テレビに4Kチューナーを内蔵しているため、これから本格的に始まる新4K衛星放送をすぐに視聴することができます。さらに地上デジタル、BSデジタル、110度CSデジタルの各チューナーをダブルで内蔵しているので裏番組の録画が可能です。

  • ※ 2番組の同時録画はできません
  • ※ BS4K・110度CS4K放送を録画中に視聴できるBS4K・110度CS4K放送は、録画中の番組のみとなります
  • ※ BS4K・110度CS4K放送視聴時は2画面表示できません

 

<4つの「ナノテクノロジー」>

 

1.「NanoColor」 で、よりクリアに、より鮮明に  ※SM9000P、SM8600P、SM8100P

1mmという極小粒子を超精密に敷き詰めたLG独創の「Nano Cell Display」。色ノイズの原因となる過剰な光波長を吸収するため、これまでノイズが多く発生していた赤や緑の色の純度や濃さが向上。これによりコントラストが強化され、よりクリアで、より鮮明な表現が可能です。

4つの「ナノテクノロジー

 

2.「NanoBlack」で、光と闇のディテールを緻密に再現 ※SM9000Pのみ

LG独自の制御技術により、明暗を細やかにコントロールできるLEDバックライトを搭載。直下型LEDバックライトにより、細やかな光の部分制御が可能になりました。夜の闇でも、月に近い闇と遠い闇の違い、奥行き感なども緻密に再現します。エッジ型LEDバックライトはライン状の光をコントロールして明暗を表現します。

「NanoBlack」で、光と闇のディテールを緻密に再現

 

3.「NanoAccuracy」でより自然な色再現を

 

「NanoAccuracy」でより自然な色再現を「Nano Cell Display」により、IPSパネルの色再現が向上 ※SM9000P、SM8600P、SM8100P

Nano Cell Displayにより、色彩の表現力が高まったIPS方式の液晶パネル。さらに斜めから視聴する際の色再現も向上。家族など複数でテレビを見る際、端から60度のアングルで画面を見ても正確に色を再現します。

 

「BT.2020」の広大な色域をカバー

色彩情報の処理能力を飛躍的に向上させる「True Color Accuracy」技術を導入。映像が秘める「正しい色」をきわめて緻密に、正確に読み取り、本来の輝きや深みを遜色なく表現。色の再現性が高まり、新4K8K衛星放送で採用されている広大な色域規格「BT.2020」にも対応しています。

 

10億色以上のきめ細やかな色彩を再現 ※SM9000P、SM8600P

従来の液晶テレビと比べて、64倍もの色相が表現できる10bitのパネルを採用。10億色以上の膨大な色を表示でき、自然が作り出す繊細な色合いをどこまでも忠実に再現することができます。

 

究極を求めた極細ベゼル4.究極を求めた極細ベゼル ※SM8600(75インチ)を除く

LGは映像への没入感を追求し、フレーム幅が約4.8mm※1という驚異的な極細ベゼルを採用。映像以外を徹底排除した新感覚のデザインが新たな驚きをもたらします。

※1:SM9000Pの場合(下部を除く)

 

<AI対応、高性能映像エンジン>

 

有機ELにも採用されている高性能エンジン1.有機ELにも採用されている高性能エンジン

パネルとともに液晶の画質を左右する映像エンジンには、卓越した性能を誇る「α7 Gen2 Intelligent Processor」を採用。高精度な色再現のみならず、同時にフレーム単位のきめ細やかさで色合いを調整。最適な部分調光で輝度を制御し、映像のディテールまで繊細に描き抜きます。さらに、今年はAI対応の映像エンジンに進化したことで、見ているコンテンツに応じた画像処理・音質調整の方法を見つけて最適化し、美しい映像と臨場感あるサウンドを楽しめます。

●Luminance Optimizer for Local Dimming Ⅱ

Luminance Optimizer for Local DimingⅡ繊細な部分調光で輝度、コントラストを最適化し、つぶれがちな微妙な色合いをも描き出します。

※SM9000P、SM8600P、SM8100P

 

HDR Dynamic Tone Mapping●HDR Dynamic Tone Mapping

ダイナミックレンジを拡張し、豊かな階調と幅広い明暗差を表現可能にします。

 

「Advanced Color Enhancer」でくっきり鮮やかな色表現に 2.「Advanced Color Enhancer」でくっきり鮮やかな色表現に

映像内の色情報を緻密に分析。主要な色を見いだし、互いのコントラストを強調する「Advanced Color Enhancer」を採用。より忠実な色合いを映し出します。

 

速い動きもブレずに、なめらか3.速い動きもブレずに、なめらか  ※SM9000P、SM8600P

4KのHFR規格にも対応し、通常の2倍にあたる最大秒間120フレームでの表示が可能。※1スポーツなど激しい動きの多いコンテンツの高画質映像も、ブレをほとんど感じないなめらかでシャープな映像で楽しめます。


速い動きもブレずに、なめらか※1: 2019年モデルではHDMI、USBに対応しています
※2: SM8100P、UM7500P、UM7100Pは対応しておりません

 

4.人物・物体と背景を分けてコントラスト調整

よりリアルで奥深い明暗を実現するために、手前の人物や物体と、奥に広がる背景を分離。お互いの色彩の違いに配慮しながら、それぞれを最適なコントラストへと調整します。くっきりと浮かび上がるような、立体感に満ちた映像が堪能できます。

 

5.HDR映像を、さらに魅力的に

SM9000P、SM8600Pは、さまざまなHDR映像のポテンシャルを引き出す「Cinema HDR」を搭載。「ドルビービジョン」「Advanced HDR by technicolor」「HDR10」「HLG」の4つの規格をサポートしています。また SM8100P、UM7500P、UM7100Pは、LG独自の「Active HDR」を搭載し、「HDR10」「HLG」に対応します。さらに「HDR効果」モードを採用し、一般的なSDR映像にHDR効果を与えることができます。

 

Dolby Atmos<Dolby Atmos®搭載で、映像にあわせて、サウンドが移動>

 

映像と調和しながら、上空を含むあらゆる方向から別の方向へと音が360度移動する画期的なサウンド規格、「Dolby Atmos®」。スピーカーのチャンネルによる制限がなく、個々の音を3次元空間内の一点に配置でき、自在にムーブさせることが可能。 映像世界の内側に座っているかのような没入体験を実現します。

 

 

 

■主な仕様

 

主な仕様
主な仕様
主な仕様

  • ※1:年間消費電力量とは、省エネ法に基づいて、一般家庭での1日の平均視聴時間(4.5時間)を基準に算出した、一年間に使用する電力量です。年間消費電力測定時の画質設定は、出荷設定時の画質設定(映像モード:標準)です
  • ※2:BS4K・110度CS4Kは2番組同時録画はできません
  • ※3:本機には、ACASチップが搭載されています。スカパー!のお申し込み方法については、スカパー!ホームページ(https://www.skyperfectv.co.jp/)または、スカパー!カスタマーセンター総合窓口(0120-039-888 営業時間:10時~20時)にてご確認ください
  • ※4:HDMIのHDR入力に対応しています。「ひかりTV」および「NETFLIX」の提供する「ドルビービジョン」、「HDR10」サービスに対応しています。BS4K・110度CS4K放送のHLGに対応しています
  • ※5:ダウンロードコンテンツには対応していません
  • ※6:NHKなどの放送局によるハイブリッドキャストのサービス、スカパー!による「スカパー!ハイブリッド」に対応しています。「スカパー!ハイブリット」の一部機能は、別途契約によりご利用いただけます。今後ハイブリットキャストに仕様追加や変更があった場合は、対応できない場合もあります
  • ※7:4K映像入力は、すべてのHDMI端子が対応いたします。HDR対応の4K/60pの映像信号を見るためには、18Gbps伝送に対応したケーブル(プレミアムハイスピードHDMIケーブル)での接続が必要です
  • ※8:以下の4K映像入力信号に対応しています。3840×2160p(23.98/24Hz、29.97/30Hz、25/50Hz、59.94/60Hz)、4096×2160p(23.98/24Hz、29.97/30Hz、25/50Hz、59.94/60Hz)
  • ※9:4K/120pのビデオコンテンツ入力に対応しています。SM8100P、UM7500P、UM7100Pは対応しておりません

 

  • ※本リリース内の「4K」表記は水平3840×垂直2160画素となります
  • ※Google は、Google LLC の商標です。
  • ※HDMIとHDMI High-Definition Multimedia Interface用語は、米国およびその他の国々におけるHDMI Licensing,  LLCの登録商標または商標です
  • ※Dolby、ドルビー、Dolby AtmosおよびダブルD記号はドルビーラボラトリーズの登録商標です。Dolby Visionはドルビーラボラトリーズの商標です
  • ※その他、本リリースに掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です
  • ※画像はすべてイメージです
  • ※本仕様は予告なく変更される場合があります

 

 

本リリースの製品画像およびプレスリリース(PDF)はこちらよりダウンロードが可能です■本リリースの製品画像はこちらよりダウンロードが可能です。

http://www.lg.com/jp/press-release/Pictures/20190416-uhd-lineup/images-uhd.zip


 

※LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社は、2008年6月より「LG電子ジャパン株式会社」から「LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(英文表記:LG Electronics Japan Inc.)」に法人名を変更しています

 


■LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社概要

 

社名:   LG Electronics Japan株式会社(LG Electronics Japan Inc.)
本社:  〒104-8301東京都中央区京橋2-1-3 京橋トラストタワー15階
URL:  https://www.lg.com/jp
設立:  1981年1月
代表者:  代表取締役 李 栄彩(イ・ヨンチェ)
事業内容: LGエレクトロニクス製品の日本向け輸入販売業。現在は5事業の営業を展開
【ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション】
洗濯機、掃除機、衣類リフレッシュ機等
【ホーム・エンターテインメント】
テレビ、モニター、ノートパソコン、ブルーレイプレイヤー、ホームプロジェクター等
【モバイル・コミュニケーションズ】
スマートフォン、タブレット端末、モバイルアクセサリー等
【ビークルコンポーネント・ソリューションズ】
車載用機器等
【ビジネス・ソリューションズ】
デジタルサイネージ、ソーラー事業等

 

■LGエレクトロニクスについて

 

LGエレクトロニクスは、モバイル関連製品、家電製品などコンシューマ・エレクトロニクスのグローバルリーダーおよびイノベーターとして、世界118の事業拠点に約75,000人の従業員を擁しています。2017年の世界市場の売上は554億ドルで、「ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション」、「ホーム・エンターテインメント」、「モバイル・コミュニケーションズ」、「ビークルコンポーネント・ソリューションズ」、「ビジネス・ソリューションズ」の5事業からなり、テレビ、携帯端末、エアコン、洗濯機、冷蔵庫を製造する世界有数の総合家電メーカーです。詳しくは、www.lg.comをご覧ください。

 

 

報道関係者様のお問い合せ先

 LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社
広報担当:阿部/金 東建(キム・ドンゴン)
Email: pr.jp@lge.com
TEL: 03-5299-4603(直通) FAX: 03-5299-4699