当サイトをご覧いただくには、別のブラウザをご使用になるか、Internet Explorer9以上の新しいバージョンにアップグレードする必要があります。

当サイトはサイトではレスポンシブWebデザインを採用しています。お客様のブラウザの幅によってレイアウトが変化し、画面の小さいスマートフォンなどで閲覧した際も最適化させるため、以下の指示に従ってください。

Internet Explorer8をご使用の場合は、FirefoxやChromeなどの代替ブラウザを使用するか、Internet Explorer9以上のバージョンにアップグレードする必要があります。

Internet Explorer9以上のバージョンのブラウザを使用している場合は、以下の手順でInternet Explorerのブラウザの「互換表示設定」をオフにしてください:

  • 右ブラウザの上部をクリックし、「メニューバー」オプションが選択されていることを確認してください
  • メニューバーから「ツール」を選択し、「互換表示設定」を選択してください
  • ポップアップメニューのすべての3つのボックスをオフにし、「閉じる」をクリックします
  • お使いのブラウザが自動的に更新される準備ができました
コンテンツをスキップ

MOVIE

2015.10.19

お父さんにささやかな贅沢を。
はじめての自分だけのミニマムホームシアター

人生とは長いもので、最初は彼、そして夫となり、いつしか「お父さん」へ。こうなると趣味に使えるお金も時間もスペースも限られてきてしまいます。でも、お父さんだってたまには自分だけの空間に没入したいって思っているのではないでしょうか。そう、例えばホームシアターで映画を楽しみたい!…とかね。

ところが…です。家族が居ると、さらにちびっ子が居るとなると、『リビング全体をホームシアターにしよう!』なんて男っぽい提案をしたところで奥さんに『却下!』と、いとも簡単に取り下げられることは目に見えています。仮に押し通したとしても、結局リビングは子供たちのスペースとなり、ドタドタ走り回られたりでAV環境としては理想的とはいえません。

そこで、お父さんが「僕」や「俺」に戻れる貴重なプライベート・スペース、自分の書斎に一工夫してみましょう。目指すのは規模は小さく、でも没入感MAX。自分だけのホームシアターです。

小暮が薦めるウルトラワイドモニターの選び方

はじめまして!デジタルアイテムのトレンドを追いかけているフリーライターの小暮です。一言で書斎といっても規模はさまざまですが、いちから機材を揃えて観賞スペースを作るのは難しいかもしれません。そこで、パソコンデスクをそのまま自分だけの特等席へと変化させてみましょう。21:9のウルトラワイドモニターを導入することで、集中して映画を楽しめる視聴環境を構築できます。
この際、ポイントとなるのが設置スペース。モニターのインチサイズ、横幅などを確認して設置場所をシミュレーションしてみましょう。

ウルトラワイドモニターのサイズ

LGのウルトラワイドモニターは、25インチ、29インチ、34インチと、3種類のラインナップがあります。通常のモニターよりも横幅が広いので、主に横の長さを測って設置スペースを考えましょう。

もっと詳しい情報を見る

IPS液晶の高い再現力と広視野角でさらに増す没入感

※写真は34UM95-P
http://www.lg.com/jp/monitor/premium_ips/sub_ips

落ち着いて観られる角度・位置も重要ですが、そこは安心して大丈夫。ウルトラワイドモニターに搭載されている液晶パネルは、広視野角で消費電力の低いIPSパネルなので、さまざまな角度や位置から見ても色変化が起こりにくく、鮮明な映像を楽しむことができます。

左:23MP67VQ-P
右:25UM57-P

小暮がお教えする「21:9」比率の秘密

ウルトラワイドモニターで一層高い没入感を味わえる理由には、21:9という比率にも秘密があるのです。通常、映画などを再生すると画面には黒帯が入ってしまいますが、モニターのズーム機能を使うことで、シネスコサイズの映画を画面いっぱいに表示することができます。劇場により近い視野でブルーレイを楽しめるというのも映画好きにはたまらない、このシリーズならではのメリットではないでしょうか。

ワイヤレススピーカーとの連携で
音質をアップグレード

自分ひとりのミニマムサイズとはいえ、れっきとした鑑賞スペースです。やはりサウンドにもこだわりたいですよね。そこで、書斎向けのコンパクトオーディオシステムを導入してみてはいかがでしょう。スタイリッシュなウルトラワイドモニターには、やはりコンパクトでありながら、サイズからは想像できないクリアなサウンドを実現する「LG MUSIC flow P7 NP7550」が、ミニマムホームシアターにマッチします。

モニターとスピーカーの設置スペースとの兼ね合いにもなりますが、有線接続で使用すれば手軽に音質を1ランクアップグレードできて臨場感が倍増しますし、導入を前向きに検討したい製品です。

1日の終わりや週末は
自分だけの特等席を満喫しよう!

家族とおしゃべりしたり、子供と遊んだり。それも楽しい日々ですが、時には「お父さん」を休んで自分の時間を楽しむのも必要です。今回のように、ミニマムサイズのホームシアターを作れば、誰にも邪魔されずにじっくりと1本の映画を楽しむことだってできちゃいます。

21:9のウルトラワイドモニターは、あまり見かけないサイズなので最初はギョッとするかもしれません。でも実は、シネスコサイズの映像をピッタリ全画面で、映像の臨場感を損なう黒帯なく表示出来きる上に、視界の邪魔になるベゼルも超薄型。高い没入感が得られるんです。それにIPS液晶は、鮮明な映像を自由な角度で鑑賞可能です。さらに、ちょっと音質にもこだわりがあったり。これほど映画観賞にマッチしたモニターはなかなかないのではないでしょうか。

普段は作業スペースが広くて便利なパソコンのモニターとして、時には誰にも邪魔されない自分だけのホームシアターとして。21:9のウルトラワイドモニターは、世の中の映画好きお父さんをちょっとワクワクさせてくれますよ!

SHARE!

ページ上部へ戻る