Skip to Contents
閉じる

サポートライブラリー

製品情報やトラブルシューティングに関する情報をご案内します。

検索オプションを利用して、製品のインストール、メンテナンス、トラブルシューティングなどご確認ください。

インターネットを視聴中、メモリ不足によりアプリが終了強制終了されてしまう

  • トラブルシューティング-アプリケーション
  • その他
  • トラブルシューティング
  • テレビ
  • 最終更新 2016/11/21

   テレビでインターネットを視聴中、メモリー不足により

   アプリが強制終了されてしまう 

 

 

 

 不具合症状

 

 Youtubeなど動画サイトをテレビで視聴中、「メモリー不足のため、Webブラウザを終了します」

 のメッセージが表示され、実行中のアプリが強制終了されてしまう。


 

 

 

   確認事項

 

   まず、ご使用のテレビが 「webOS」 であることをご確認ください。


FHD  :  「LB65」 以上

UHD  :  「UB85」 以上 

OLED :  全モデル webOSのため、確認は必要ありません


 

      原 因

 

           携帯電話やPCと同様、テレビもアプリを実行しながらメモリを振り分けます。 
           スマートフォンやPCと違い、テレビはメモリを手動で終了したり、アプリ単位で

      エラーメッセージを表示せず、システムでメッセージを表示、または自動的に動作を終了させます。

      

      テレビのデータメモリ量はPCに較べて少ないため、PC使用時と同じように、動画アプリを長時間

      視聴したときなどは、強制終了になってしまうことがあります。


      ダウンロード可能なアプリの容量を知りたい場合は、下記の順序でご確認ください。

 

     

  対処方法


     

  念のため、テレビのソフトウェアを最新バージョンに更新してください。


  (テレビを常時インターネット接続されている場合、「ソフトウェアを更新する」のチェックボックスを

  有効にすると、ソフトウエアが更新された際は、自動的にアップデートされるようになります。)

 

  その上で、多くのメモリ容量を必要とする、高解像度の写真や動画ブラウザは複数実行せず、

  単独で実行するようにしてください。


  ダウンロードできるアプリの容量を知りたい場合  (※ モデルにより、確認できない場合があります)

  

  [設定] → [詳細設定] → [機器設定] から [テレビ情報] へ進んでください。 


  



    [テレビ情報] から [使用可能な内部ストレージ] に進むと、使用可能容量が、GB単位で表示されています。

 

  なお、テレビ本体のメモリ増設(内部ストレージの増設)は、いずれのモデルもできません

  強制終了や表示できないことが続くインターネットサイトを、テレビの大画面で楽しみたい場合は

  パソコンをテレビに接続してご覧いただくことをお勧めいたします。


    



  

この情報についてご意見をお聞かせください。

Q1.この情報にご満足いただけましたか?
Q1-1。この情報の役立ち度について、なぜ不満でしたか?

残り: 500 / 500