Skip to Contents
閉じる

サポートライブラリー

製品情報やトラブルシューティングに関する情報をご案内します。

検索オプションを利用して、製品のインストール、メンテナンス、トラブルシューティングなどご確認ください。

ブルーレイディスクが再生できない

  • トラブルシューティング-ディスク再生
  • DVD 再生(固有のタイトル)
  • トラブルシューティング
  • ホームシアターシステム
  • 最終更新 2016/08/17

ブルーレイディスクが再生できない


故障症状

ブルーレイディスクが再生できない。
ブルーレイディスクはブルーレイ対応製品でのみ再生できます。(従来のDVDやオーディオでは再生できません。)


対応方法

ブルーレイとDVDとの比較
 
ブルーレイはDVDより一層進化したデジタル映像を可能とし、DVDとは異なる再生ファイル形式です。


1. ブルーレイディスクとは?  

ブルーレイディスクとは、高解像度デジタルデータを保存できる光学式記憶媒体です。ブルーレイディスクは当初HD VDRに代わるメディアとして製造され、従来の赤色レーザーより大量のデータを記憶できる青紫色半導体レーザーを使用します。記録したデータを読み出す波長がDVDディスクより短く(405nm)、同じ容量により多くのデータを格納できます。
容量は27GBで、従来の映像なら13時間、高解像度映像なら2時間の長さを記憶できます。ブルーレイディスクにはBD-ROM・BD-R(Recordable)と BD-RE(Rewritable)の2種類があります。ブルーレイはMPEG2を基にした「MPEG2トランスポートシステム」という圧縮方式を採用し、従来のDVD-ROMの4~5倍にあやる36Mbpsというデータ転送速度を実現しています。高速データ転送によって、音声・映像の劣化のない記録を可能としています。


ブルーレイディスクのロゴ



2. 高解像度DVD(HD-DVD)とは?    

従来のDVDより、アナログTV映像なら40時間、高解像度デジタルTV映像なら2時間長く保存できる光学式記憶媒体です。従来のDVDの波長(650nm)より短い波長(405nm)の青紫色半導体レーザーを使用します。
記録可能なDVDはDVD RAM,、DVD-RW、DVD+RWの3種類に分けられます。
HD DVDは従来の3倍の容量(一層15G、二層30G)を持ち、既存のCDやDVDディスクの再生録画にも対応しています。従来の6倍に当たる1080Pの鮮明な高解像度を楽しむことができます。






この情報についてご意見をお聞かせください。

Q1.この情報にご満足いただけましたか?
Q1-1。この情報の役立ち度について、なぜ不満でしたか?

残り: 500 / 500