Skip to Contents
閉じる

サポートライブラリー

製品情報やトラブルシューティングに関する情報をご案内します。

検索オプションを利用して、製品のインストール、メンテナンス、トラブルシューティングなどご確認ください。

[ プロジェクター ] プロジェクターの映像を、カメラやビデオカメラで撮影すると色味が変わってしまう

  • 仕様
  • 一般仕様
  • 実行方法
  • プロジェクター
  • 最終更新 2016/05/31

プロジェクターの映像を、カメラやビデオカメラで撮影すると

色味が変わってしまう 

 

 不具合症状

 

 プロジェクターから出力される映像を、カメラやビデオカメラで撮影すると

 画像の色味やテイストが変わってしまう。

 映像全体、または一部が赤っぽくなってしまう。または青みがかってしまう。

 

 映像を正常に撮影するには、どうすればいい?



   製品の説明


  プロジェクターから出力される画像は、60fps または 120fpsで、画面下のフレーム

  R/G/B信号が順次点灯して消えるよう動作します。

  

  それによりカメラのシャッター速度や、ビデオカメラのキャプチャフレームレートに基づいて

  RGB色の一部分だけが撮影されてしまい、映像の色味が変わって見えることがあります



     

   対処方法

 

  カメラの場合    : シャッタースピードを 「1/60」 に設定のうえ、撮影してください。

 ビデオカメラの場合: キャプチャフレームレートを 「60fps以下」 に設定のうえ、撮影してください。





この情報についてご意見をお聞かせください。

Q1.この情報にご満足いただけましたか?
Q1-1。この情報の役立ち度について、なぜ不満でしたか?

残り: 500 / 500