Skip to Contents
閉じる

サポートライブラリー

製品情報やトラブルシューティングに関する情報をご案内します。

検索オプションを利用して、製品のインストール、メンテナンス、トラブルシューティングなどご確認ください。

[ ノートPC ] スクリーンセーバーを解除すると、明るさが増す  

  • その他
  • その他
  • 実行方法
  • パソコン
  • 最終更新 2016/09/21
スクリーンセーバーを解除すると、明るさが増す  


 相談内容


  スクリーンセーバーを解除すると、明るさが増してしまう。

  

 

  製品説明


 - バッテリーの消費を抑えるため、ディスプレイ省電力テクノロジーが採用されています

 - DCモード(内蔵バッテリー使用状態)では、スクリーンセーバーをオフにするとディスプレイ省電力テクノロジーが

   「オン」 (有効) になります。その結果、画面の明るさが12秒程度、一時的に明るくなります。


   「ディスプレイ省電力テクノロジー」とは

  DCモード(内蔵バッテリー使用状態)では、バックライト値を下げてガンマ値を上げ、バックライトの明るさを調整します。

  このバッテリー節電技術は一般的なものであり、あらゆるノートパソコンブランドがこの技術を採用しています。

   Windowsの種類に関わらず、バッテリー寿命を延ばすために、この技術を採用しています


 対処方法


     コントロールパネルから、「Display Power Saving Technology」(ディスプレイ省電力テクノロジー)

     「使用しない」に設定します。次の手順で行ってください。

     1.ディスプレイ上でマウスを右クリック → 「グラフィックプロパティ」を選択

     2. 「電源」をクリックして、「バッテリー使用」を選択   

     3. 「ディスプレイ省電力テクノロジーを使用しない」を選択 → 「適用」ボタンを押す















































この情報についてご意見をお聞かせください。

Q1.この情報にご満足いただけましたか?
Q1-1。この情報の役立ち度について、なぜ不満でしたか?

残り: 500 / 500