当サイトをご覧いただくには、別のブラウザをご使用になるか、Internet Explorer9以上の新しいバージョンにアップグレードする必要があります。

当サイトはサイトではレスポンシブWebデザインを採用しています。お客様のブラウザの幅によってレイアウトが変化し、画面の小さいスマートフォンなどで閲覧した際も最適化させるため、以下の指示に従ってください。

Internet Explorer8をご使用の場合は、FirefoxやChromeなどの代替ブラウザを使用するか、Internet Explorer9以上のバージョンにアップグレードする必要があります。

Internet Explorer9以上のバージョンのブラウザを使用している場合は、以下の手順でInternet Explorerのブラウザの「互換表示設定」をオフにしてください:

  • 右ブラウザの上部をクリックし、「メニューバー」オプションが選択されていることを確認してください
  • メニューバーから「ツール」を選択し、「互換表示設定」を選択してください
  • ポップアップメニューのすべての3つのボックスをオフにし、「閉じる」をクリックします
  • お使いのブラウザが自動的に更新される準備ができました

【製品リリース】四角いお掃除ロボット「ホームボット スクエア」に新モデル登場

  • 更新
  • 2013/10/07

【製品リリース】

平成25年10月7日

“UVコーティング”、“カーペット専用回転ブラシ”を備え、さらに便利に
四角いお掃除ロボット「ホームボット スクエア」に
カーペットのお掃除力がパワーアップした新モデル登場

10月中旬より全国で発売開始

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社

 

 LGエレクトロニクスの日本法人LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(代表取締役社長:李揆弘(リ・ギュホン) 本社:東京都港区)は、今年3月より発売を開始した、“四角い”お掃除ロボット「ホームボット スクエア」のカーペットのお掃除力をパワーアップさせたモデル「VR6270LVMB」を、10月中旬より発売します。全国の量販店を中心に販売し、価格はオープンです。

 「ホームボット スクエア」は、従来のロボット掃除機が苦手としていたお部屋のコーナーもよりしっかりお掃除できるように設計された、国内初登場の“スクエア型”のお掃除ロボットです。形状を丸型から四角型へ変化させて側面回転ブラシの位置や長さを改良することで、お部屋のコーナーのお掃除効率が格段に向上し、丸型の当社従来品と比較してコーナーにあるゴミの除去率が89%アップしました※1

 今回新たに追加された「VR6270LVMB」は、新色「ミラーブラック」の本体ボディに、スタイリッシュで高級感のある光沢塗装に加え、UVコーティングにより、製品を傷や汚れから守ります。
 また、付属品に強力なカーペット専用回転ブラシを新たに追加しました※2。長くて弾力性の強い高速回転ブラシが、カーペットに絡まったホコリはもちろんのこと、糸くず、髪の毛、ペットの毛、ダニなどを、奥からしっかりとかき出します。これにより、標準の回転ブラシに比べてカーペットでのゴミ除去率を約30%※3向上します。
 現在販売中のモデル、「VR6260LVM」に搭載されている機能に加えて、UVコーティング、カーペット専用回転ブラシ、予備の側面回転ブラシを2本追加し、より一層快適にお掃除をすることが可能になります。

 「VR6270LVMB」の製品の特長および仕様については次ページのとおりです。

 

■主な特徴

1.見た目にも美しく、ボディを傷や汚れから守るUVコーティング
 スタイリッシュな本体ボディに高級感のある光沢塗装とUVコーティングを施しています。美しい外観を実現するだけでなく、傷や汚れが付きにくくなります。

2.ゴミ除去率が約30%※3向上した、さらに強力なカーペット専用回転ブラシ
 標準の回転ブラシに比べて、カーペットでのゴミ除去率を約30%向上させた専用ブラシを備えています※3。カーペットに絡まったホコリはもちろんのこと、糸くず、髪の毛、ペットの毛、ダニなど、長くて弾力性の強い高速回転ブラシで奥からしっかりとかき出します。お部屋の床の材質などに合わせて、標準用とカーペット専用の回転ブラシを使い分けることができます。

3.お部屋のコーナーのお掃除にも効果的な“スクエア型”設計
 形状を丸型から四角型に設計したことで、側面回転ブラシを従来のロボット掃除機より前に設置することができ、さらに、丸型の当社従来品よりも約1.5cm長い側面回転ブラシを採用したことで、丸型のロボット掃除機が苦手としていた部屋のコーナーにあるゴミやほこりもより効果的にかき出して吸い取ることができます※1

4.「デュアルアイ2.0TM」でより賢く正確なお掃除を実現
 「ホームボット スクエア」は上部と下部にカメラセンサーを搭載。毎秒30枚撮影できる上部カメラはマッピング情報を生成して、空間を認識、記憶します。下部カメラは動いた距離を認識します。これにより、位置を正確に把握し、スミズミまでくまなくお掃除をすることが可能です。
 上部カメラは、搭載されたISOコントロールにより、光を感じる感度を自動で調整することで、暗い部屋でも正確にお掃除することができます。

 

5.障害物感知センサーに超音波センサーを採用
 さらに、障害物を感知するために3ヶ所に超音波センサーを搭載。赤外線センサーよりも広域で立体的に空間を認識することで、壁や障害物への衝突を事前に防ぎます。

*ジグザグモード(テキパキ掃除)
 お部屋の端から端まで往復移動しながらお掃除します。
家具などの障害物が少なく広いお部屋を効率よくお掃除したい場合に最適です。15畳のお部屋の場合、約18分でお掃除できます※4

 

*空間拡張モード(スミズミ掃除)
 お部屋をブロックに分けてお掃除し、ひとつのブロックが終わったら次のブロックへと移動します。家具が多いお部屋のお掃除に適しています。

 

*マイスペースモード(範囲指定掃除)
 自分で指定したスペース内を2回、繰り返してお掃除します。障害物の多いお部屋でも集中して効率的にお掃除できます。

 

*その他いろいろなモードで自由自在
 毛足の長い絨毯など吸引力が必要な場所では、自動的に吸引力を上げて強力に吸い込む「ターボモード」がONになります。その他、らせん状に回転しながら直径約1.5m以内を集中的にお掃除する「ここだけモード」や、リモコンの方向ボタンで操作してお掃除を行う「リモコンお掃除モード」も搭載しています。

 

6.家具や壁への衝突を回避
 複数のセンサーで周囲の障害物を感知し、衝突を最小限に抑えます。
「ぶつかったら方向転換」するのではなく、障害物までの距離を認識して回避することで、家具や壁を傷つけることを防ぎます。また、ガラスなどの透明な物質も超音波センサーで感知することができます※5

 

7.長寿命のリチウムイオンバッテリーを搭載
 従来のニッケル水素電池に比べて、約2倍長持ちします。これにより約500回以上のフル充電が可能です※6

 

8.お手軽&快適。お掃除をより簡単に、より快適に。
運転音は約48dBを実現※7し、お掃除する時間帯も周囲も気にせずお掃除ができます。また、ダストボックスは、脱着時に手が汚れずゴミも散らからない上部着脱式で、周辺部にゴミが付着したり、散らかりにくい構造です。サイズは大容量の0.6L。ゴミをたっぷりと吸い取ります。

 

■主な仕様 

品番

VR6270LVMB

カラー

ミラーブラック(UVコーティング)

JANコード

49-89027-006294

外形寸法

本体

W340×D340×H89(mm)

ホームステーション

W263×D181×H128(mm)

質量

本体

3.0kg

ホームステーション

0.66kg

電源

100V 50Hz/60Hz

充電時間

約3時間

本体電源方式

充電式(リチウムイオン電池DC14.8V 1,900mAh)

ダストボックス容量

0.6ℓ

カメラセンサー

デュアルアイ2.0™

お掃除モード

ジグザグモード/空間拡張モード/マイスペースモード/
ここだけモード/リモコンお掃除モード

運転音

約48dB ※フローリング上での当社試験結果
(ジグザグモード運転、ターボモードOFF時)

最長運転時間

約100分(床面の材質、使用環境により異なります)

付属品

リモコン/ホームステーション(充電器)/ワイドHEPAフィルター(予備)/お手入れ用ブラシ(センサー、フィルター用)/お手入れ用ブラシ(回転ブラシ用)/カーペット専用回転ブラシ/側面回転ブラシ(予備2枚)/マイクロファイバークロスプレート/マイクロファイバークロス(2枚)/リモコン用乾電池(単4形2本)

実売想定価格

79,800円

 

製品ページへ

※1 弊社従来品VR6170LVMとの比較。
※2 別売りで、VR6260LVMにも取り付けることができます。VR5942Lには取り付けられません。
※3 当社試験結果(標準の回転ブラシ比)。
カーペット専用回転ブラシでフローリングをお掃除すると、集塵力は低下します。
※4 測定条件約15畳の一般的なフローリングにおける標準掃除時間 (当社試験結果。ジグザグモード運転時)。
※5 使用状況、環境等により衝突が回避できない場合がございます。
※6 3時間の充電で100分間稼働させた場合(当社試験結果)。
※7 フローリング上での当社試験結果(ジグザグモード運転、ターボモードOFF時)。

 


LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社 会社概要

 

-社   名 LG Electronics Japan株式会社(LG Electronics Japan Inc.)
-本   社 〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー本館9階
-URL http://www.lg.com/jp
-設   立 1981年1月
-代 表 者 代表取締役社長 李 揆弘 (リ・ギュホン)
-事業部門 ・「ホーム・エンターテインメント」 液晶スマートテレビ・モニター、デジタルサイネージ等
  ・「モバイル・コミュニケーション」 携帯電話(スマートフォン)、通信モデム等
  ・「ホーム・アプライアンス」 洗濯機、ロボット掃除機等
  ・「エネルギー・ソリューション」 ソーラーパネル等

 

LGエレクトロニクスについて

LGエレクトロニクスは、コンシューマ・エレクトロニクス、モバイル・コミュニケーション、ホーム・アプライアンスのグローバルリーダーおよびイノベーターとして、世界113の事業拠点に約87,000人の従業員を擁しています。2012年の世界市場の売上は452億2000万ドルで、「ホーム・エンタテイメント」、「モバイル・コミュニケーション」、「ホーム・アプライアンス」、「空調&エネルギー・ソリューション」、「自動車部品」の5事業からなり、薄型テレビ、携帯端末、エアコン、洗濯機、冷蔵庫を製造する世界有数の総合家電メーカーです。また、LGエレクトロニクスは、「2013エネルギースター・アワード」において「パートナー・オブ・ザ・イヤー」賞を受賞しています。

 

製品・サンプルに関するお問い合せ先

担当:LG広報代理(共同PR株式会社) 
第8業務局 小林/下村
Email: m-kobayashi@kyodo-pr.co.jpyukiko.shimomura@kyodo-pr.co.jp
TEL: 03-3571-5238(直通) FAX: 03-3571-5380

報道関係者様のお問い合せ先

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社
広報担当:金 東建(キム・ドンゴン)/竜野
Email: pr.jp@lge.com
TEL: 03-3588-1917(直通) FAX: 03-3586-3984