当サイトをご覧いただくには、別のブラウザをご使用になるか、Internet Explorer9以上の新しいバージョンにアップグレードする必要があります。

当サイトはサイトではレスポンシブWebデザインを採用しています。お客様のブラウザの幅によってレイアウトが変化し、画面の小さいスマートフォンなどで閲覧した際も最適化させるため、以下の指示に従ってください。

Internet Explorer8をご使用の場合は、FirefoxやChromeなどの代替ブラウザを使用するか、Internet Explorer9以上のバージョンにアップグレードする必要があります。

Internet Explorer9以上のバージョンのブラウザを使用している場合は、以下の手順でInternet Explorerのブラウザの「互換表示設定」をオフにしてください:

  • 右ブラウザの上部をクリックし、「メニューバー」オプションが選択されていることを確認してください
  • メニューバーから「ツール」を選択し、「互換表示設定」を選択してください
  • ポップアップメニューのすべての3つのボックスをオフにし、「閉じる」をクリックします
  • お使いのブラウザが自動的に更新される準備ができました

【製品リリース】マルチタスクも可能な「サブディスプレイ」搭載スマートフォン「LG X screen」がJ:COMから8月18日(木)より全国で発売

  • 更新
  • 2016/08/01

【プレスリリース】

平成28年8月1日

報道関係各位

メインディスプレイがスリープ状態でも基本情報を表示

マルチタスクも可能な「サブディスプレイ」搭載スマートフォン 「LG X screen」がJ:COMから8月18日(木)より全国で発売

顔認識の「オートショット」など自分撮りを楽しめるカメラ機能も充実

 

 

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社

 

 LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(代表取締役社長:李 仁奎(イ・インギュ) 本社:東京都中央区 以下、LGエレクトロニクス・ジャパン)は、株式会社ジュピターテレコム(代表取締役社長:牧 俊夫 本社:東京都千代田区 以下、J:COM)が提供するモバイルサービス「J:COM MOBILE」(ジェイコムモバイル)向けのスマートフォン「LG X screen(エルジー エックス スクリーン)」を、2016年8月18日(木)より全国で発売します。

  「LG X screen」は、4.93インチのメインディスプレイの右上に、1.76インチの「サブディスプレイ(セカンドスクリーン)」を搭載しています。「サブディスプレイ(セカンドスクリーン)」では、メインディスプレイで使用しているアクティビティを中断させることなくマルチタスクでの利用が可能です。電話やメール、SNSの受信通知や音楽の再生、通話ができ、また頻繁に使うアプリケーションを予め登録しておけば、速やかにアクセスすることができます。さらに、メインディスプレイをオフにした「スリープ状態」でも、日付、時間、バッテリー状況などの基本情報を「サブディスプレイ(セカンドスクリーン)」で確認することができます。

またデザインは、背面を耐性の高いガラス繊維材料で仕上げ、シンプルでスタイリッシュに洗練されています。

 

 

 

 

「LG X screen」シャンパンゴールド 

 

■主な特長

 

基本情報の常時表示やマルチタスク機能が可能な「サブディスプレイ(セカンドスクリーン)」搭載

4.93インチのメインディスプレイ上部に1.76インチの「サブディスプレイ(セカンドスクリーン)」を搭載。現在のアクティビティを中断させることなく、「サブディスプレイ(セカンドスクリーン)」から別のアプリケーションを同時使用できるマルチタスクが可能です。また、メインディスプレイがオフの「スリープ」状態でも、日付や時計などの基本情報を常に表示。映画館など暗い部屋でもメインディスプレイをオンにすることなく確認ができ便利です。

顔認識の「オートショット」および「自分撮り用ライト」機能で自分撮りも楽しめる

フロントカメラで自分撮りをする場合に、顔を認識し2秒後に自動でシャッターが切れる「オートショット」機能を搭載。また周囲が薄暗い環境では画面が明るくなり鮮明に撮ることができる「自分撮り用ライト」機能も搭載されており、自分撮りを楽しめます。

「ジェスチャーショット」機能など搭載

フロントカメラで撮影時に画面に向けて手を「パー」「グー」させると3秒後にシャッターが切れる「ジェスチャーショット」も搭載。さらに2回繰り返せば4回の連写が可能です。また、音声認識により「チーズ」「撮ります」「スマイル」の声に反応して自動的にシャッターが切られるセルフタイマー機能など、自分撮りはもちろん、友人や家族と一緒に撮影する際に便利です。

ガラス加工のモダンデザイン

フロントのガラス製ディスプレイに合わせて、背面は衝撃にも強い耐性の高いガラス繊維材料でシンプルに仕上げ、洗練されたモダンなデザインです。

 

 

■主な仕様

 

 

*仕様、及びデザイン、機能などの情報は、予告なく変更される場合があります

*Android は、Google Inc.の商標または登録商標です

*その他、本リリースに掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です

 

LG X screen(エルジー エックス スクリーン) LGS02 製品ページはこちら

 

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社は、20086月より「LG電子ジャパン株式会社」から

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(英文表記:LG Electronics Japan Inc.」に法人名を変更しています

 

■LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社概要

社名:             LG Electronics Japan株式会社(LG Electronics Japan Inc.)

本社:             〒104-8301東京都中央区京橋2-1-3 京橋トラストタワー15階

URL:             http://www.lg.com/jp

設立:             1981年1月

代表者:          代表取締役社長 李 仁奎(イ・インギュ)

事業内容:   LGエレクトロニクス製品の日本向け輸入販売業。現在は3事業の営業を展開

                     <ホーム・エンターテインメント>テレビ、AV機器、モニター、クラウドモニター、 広告・商業用パブリックディスプレイ、サイネージディスプレイ等

                     <モバイル・コミュニケーション>スマートフォン含む携帯電話、タブレット端末、 モバイルアクセサリー等

                     <ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション>ロボット掃除機、寝具用掃除機、太陽光発電モジュール等

 

 

 LGエレクトロニクスについて

LGエレクトロニクスは、モバイル関連製品、家電製品などコンシューマ・エレクトロニクスのグローバルリーダーおよびイノベーターとして、世界119の事業拠点に約83,000人の従業員を擁しています。2015年の世界市場の売上は488億ドルで、「ホーム・エンターテインメント」、「モバイル・コミュニケーションズ」、「ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション」、「ビークル・コンポーネンツ」の4事業からなり、テレビ、携帯端末、エアコン、洗濯機、冷蔵庫を製造する世界有数の総合家電メーカーです。また、LGエレクトロニクスは、「2015エネルギースター・アワード」において「パートナー・オブ・ザ・イヤー」賞を受賞しています。詳しくは、www.LG.comをご覧ください。

 

 

報道関係者様のお問い合せ先

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社

広報担当:金 東建(キム・ドンゴン)/竜野

Email: pr.jp@lge.com

TEL: 03-5299-4603(直通) FAX: 03-5299-4699