当サイトをご覧いただくには、別のブラウザをご使用になるか、Internet Explorer9以上の新しいバージョンにアップグレードする必要があります。

当サイトはサイトではレスポンシブWebデザインを採用しています。お客様のブラウザの幅によってレイアウトが変化し、画面の小さいスマートフォンなどで閲覧した際も最適化させるため、以下の指示に従ってください。

Internet Explorer8をご使用の場合は、FirefoxやChromeなどの代替ブラウザを使用するか、Internet Explorer9以上のバージョンにアップグレードする必要があります。

Internet Explorer9以上のバージョンのブラウザを使用している場合は、以下の手順でInternet Explorerのブラウザの「互換表示設定」をオフにしてください:

  • 右ブラウザの上部をクリックし、「メニューバー」オプションが選択されていることを確認してください
  • メニューバーから「ツール」を選択し、「互換表示設定」を選択してください
  • ポップアップメニューのすべての3つのボックスをオフにし、「閉じる」をクリックします
  • お使いのブラウザが自動的に更新される準備ができました

【製品リリース】21:9ウルトラワイド™モニター史上最大の37.5インチ「38UC99-W」2月10日(金)より全国で順次発売

  • 更新
  • 2017/01/25

【プレスリリース】

平成29年1月25日

報道関係各位

抜群の作業領域を実現する3840×1600の高解像度対応

21:9ウルトラワイドモニター史上最大の37.5インチ「38UC99-W」

2月10日(金)より全国で順次発売

Bluetooth®に対応した85Hzの低音域「リッチベ-ス」10W+10Wスピーカー搭載

 

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社

 

 

 

 

   LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(代表取締役社長:李 仁奎(イ・インギュ) 本社:東京都中央区)は、IPSパネル搭載の37.5インチ21:9曲面型ウルトラワイド™モニター「38UC99-W」を、2017年2月10日(金)より全国で順次発売します。

   「38UC99-W」は、21:9ウルトラワイド™モニター史上最大サイズとなる、37.5インチのモニターです。高解像度3840×1600と21:9のウルトラワイド画面により、圧倒的な情報量の表示と効率的な作業領域を提供します。大量の情報を処理、収集、分析が必要なコンテンツクリエーター、ビデオ編集者、ウェブデザイナー、イラストレーター、グラフィックデザイナー、アプリ開発者、プログラマー、投資家など、あらゆる分野のエキスパートにおすすめのモニターです。

   また、ビジネスシーンだけではなく、シネスコ映像を画面全体に表示したり、多様なゲーム機能や、85Hz以下の低音域を深く豊かに再現する「リッチベース」を特徴とする10W+10Wのパワフルな高出力ステレオスピーカーを搭載。エンターテインメントもお楽しみ頂けます。

 

 

 

<発売概要>

 モデル名(型番)

 発売時期

 想定売価(税抜)

 38UC99-W

 2017年2月10日(金)

 165,000円前後

 

■主な特長

 

1.高解像度3840×1600 の37.5インチ大画面3840×1600

3840×1600の高解像度で圧倒的な情報量を表示し、かつ37.5インチの大画面により、画面上のアイコンや文字などを見やすくします。各種ソフトウェアを従来よりも広域に表示したり、広大な作業領域を保持しつつサムネイルやタイムラインコントロールなどのパネルを並べて表示したり、複数のソフトウェアを同時に表示するなど、いろいろな作業を、ウィンドウを切り替えることなく円滑に行うことができます。

 

 

2.IPSパネルによる自然で鮮やかな映像表現

視野角が広く、鮮やかな発色と自然な映像を実現するIPSパネル。幅広い画面でも中央部と端部を色変化なく見ることができます。さらに99%を超えるsRGBカバー率の色空間とIPSの精度の高い色彩表現により、没入感の高いアートワークを保証します。また、工場からの出荷前に全台数キャリブレーションを実施。製品個々に差がなく、安定した色合いでお客様の元へお届けします。

 

 

 3. 21:9のウルトラワイド™画面でゲームを有利に

映画で多く制作されるシネスコサイズとほぼ同じ縦横比21:9の横長画面と、最小フレーム幅わずか2.4mm※1の「CINEMA SCREEN」デザイン、そして曲面型の画面によって、ゲーム世界への高い臨場感と没入感を実現します。また、16:9画面よりも約33%横長の画面によって視野が広がり※2、従来では表示できない範囲まで表示することで、いち早く敵を発見することができ、ゲームを有利に展開することができます。

※1 フレーム+非表示領域幅 上部11.7mm 左右11.1mm 下部15.8mm

※2 ゲームタイトルがウルトラワイドの解像度(3840×1600、3440×1440)に対応している必要があります。また、ゲームタイトルによって表示が異なる場合があります

 

 

4.1ms Motion Blur Reduction(1ミリセコンドモーションブラーリダクション)

1コマ1コマの間に黒画面を挿入する「1ms Motion Blur Reduction」によって、残像感を軽減してクリアな映像を実現します。FPSゲームなど高速な動きのゲームなどでターゲットをくっきり表示することができます。

※1ms Motion Blur ReductionはFreeSyncテクノロジー、DASモードとの併用はできません

 

 

5.AMD社FreeSyncテクノロジー搭載

AMD FreeSync™テクノロジーにより、グラフィックカードのフレームレートとモニターのリフレッシュレートの差によって発生する画面のティアリングやスタッタリングを軽減。AMD社のFreeSync対応APUまたはGPU搭載製品と組み合わせることで、高速なゲームでもスムーズな表示を実現します。

 

 

 

6.「DAS (Dynamic Action Sync)モード」& ブラックスタビライザー

DASモードは、通常モニターが映像信号を画面に出力するまでのタイムラグを軽減し、よりリアルタイムな表示を実現します。またブラックスタビライザー機能はゲームの暗くて見づらいシーンを見やすく表示することで、闇に隠れた敵を見つけることができゲームを優位に展開できます。

※ DASモードは自動設定

 

 

7.10W+10Wのパワフルスピーカーを内蔵

85Hz以下の低音域を深く豊かに再現する「リッチベース」を特徴とする10W+10Wの高出力なステレオスピーカーを搭載し、パワフルで臨場感あふれるサウンドを実現。さらにBluetooth®接続に対応し、モバイル端末などBluetooth®対応機器と接続して外部スピーカーとして使用できます。Bluetooth®での再生は画面をオフにしても出力が可能です。

 

 

8.USB Type-C™ とUSB 3.0クイックチャージ

USB Type-C™は1本のケーブルでデータ転送だけでなく映像、音声データの伝送、モバイル機器の充電に対応しています。またUSB3.0クイックチャージに対応。対応のAndroid端末を接続すれば急速充電が可能です。複雑なケーブル接続が不要なので、簡単かつデスク周りがすっきりします。

 

 

9.OnScreen Control機能(ソフトウェア)

付属のOnScreen Control(オンスクリーンコントロール)は主に3つの機能が搭載 されています。

①Monitor Control(モニターコントロール): OSDの基本的な設定(明るさ、コントラスト、ピクチャーモードの選択など)をOS上で設定ができます。

②My Display Presets(マイディスプレイプリセッツ): アプリケーションごとに、好みの色合いやピクチャーモードを、あらかじめ設定しておくことができます。設定したソフトウェアを起動またはウィンドウ選択すると、自動的に適用されます。ソフトに合ったピクチャーモードを、その都度変更することなく、いつでも最適、快適な状態で表示させることができます。

③Screen Split(スクリーンスプリット): 画面上のウィンドウを自動的に画面全体に最大4分割に整列させる機能です。複数のウィンドウを整列させることで、参考資料を参照しながらのドキュメント作成や、アプリケーション間のドラッグアンドドロップなどを容易にし、能率的な作業を実現します。また、OSDの詳細な設定の際は、直感的なOSD操作を実現した「OSDジョイスティック」で容易に設定ができます。

※イメージです。実際とは異なります

 

 

10.複数のデバイスを1つの大画面に

Picture by Picture機能によって、パソコンやブルーレイプレーヤー、ゲーム機などを、モニター上に同時に2つ表示させることができます。横の解像度が3840なので、フルHD(1920×1080)を2つ並べても解像度を損なうことなく表示が可能です。

 

 

 

■主な製品仕様

*USB PD使用時の消費電力は含まず

 

 

 38UC99-Wの製品ページはこちら

 

 

※本仕様は予告なく変更される場合があります                                                                             

※画像はすべてイメージです

※本リリースに掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です

 

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社は、20086月より「LG電子ジャパン株式会社」から

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(英文表記:LG Electronics Japan Inc.」に法人名を変更しています

 

社名:             LG Electronics Japan株式会社(LG Electronics Japan Inc.)

本社:             〒104-8301東京都中央区京橋2-1-3 京橋トラストタワー15階

URL:             http://www.lg.com/jp

設立:             1981年1月

代表者:           代表取締役社長 李 仁奎(イ・インギュ)

事業内容:     LGエレクトロニクス製品の日本向け輸入販売業。現在は3事業の営業を展開

                    <ホーム・エンターテインメント>テレビ、AV機器、モニター、クラウドモニター、 広告・商業用パブリックディスプレイ、サイネージディスプレイ等

                    <モバイル・コミュニケーション>スマートフォン含む携帯電話、タブレット端末、 モバイルアクセサリー等

                     <ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション>ロボット掃除機、寝具用掃除機、太陽光発電モジュール等

 

 

 

LGエレクトロニクスについて

LG エレクトロニクスは、モバイル関連製品、家電製品などコンシューマ・エレクトロニクスのグローバルリーダーおよびイノベーターとして、世界119の事業拠 点に約83,000人の従業員を擁しています。2015年の世界市場の売上は488億ドルで、「ホーム・エンターテインメント」、「モバイル・コミュニ ケーションズ」、「ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション」、「ビークル・コンポーネンツ」の4事業からなり、テレビ、携帯端末、エアコン、洗濯 機、冷蔵庫を製造する世界有数の総合家電メーカーです。また、LGエレクトロニクスは、「2015エネルギースター・アワード」において「パートナー・オ ブ・ザ・イヤー」賞を受賞しています。詳しくは、www.LG.comをご覧ください。

 

 

報道関係者様のお問い合せ先

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社

広報担当:金 東建(キム・ドンゴン)/竜野

Email: pr.jp@lge.com TEL: 03-5299-4603(直通) FAX: 03-5299-4699