当サイトをご覧いただくには、別のブラウザをご使用になるか、Internet Explorer9以上の新しいバージョンにアップグレードする必要があります。

当サイトはサイトではレスポンシブWebデザインを採用しています。お客様のブラウザの幅によってレイアウトが変化し、画面の小さいスマートフォンなどで閲覧した際も最適化させるため、以下の指示に従ってください。

Internet Explorer8をご使用の場合は、FirefoxやChromeなどの代替ブラウザを使用するか、Internet Explorer9以上のバージョンにアップグレードする必要があります。

Internet Explorer9以上のバージョンのブラウザを使用している場合は、以下の手順でInternet Explorerのブラウザの「互換表示設定」をオフにしてください:

  • 右ブラウザの上部をクリックし、「メニューバー」オプションが選択されていることを確認してください
  • メニューバーから「ツール」を選択し、「互換表示設定」を選択してください
  • ポップアップメニューのすべての3つのボックスをオフにし、「閉じる」をクリックします
  • お使いのブラウザが自動的に更新される準備ができました
コンテンツをスキップ

【製品リリース】ノック2回で庫内が見える!足元センサーによる自動ドア搭載 「LG SIGNATURE InstaView™Door-in-Door®冷蔵庫」を1月31日(木)より全国で順次発売

  • 更新
  • 2019/01/25

 

【プレスリリース】

 

プレミアムブランド「LG SIGNATURE」の新モデル登場!

ノック2回で庫内が見える!足元センサーによる自動ドア搭載
「LG SIGNATURE InstaViewDoor-in-Door®冷蔵庫」を
1月31日(木)より全国で順次発売

 

報道関係各位

 

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社

 

  LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(代表取締役社長:李 栄彩(イ・ヨンチェ) 本社:東京都中央区)は、「LG SIGNATURE InstaViewDoor-in-Door®冷蔵庫」(エルジー・シグネチャー インスタビュー・ドアインドア冷蔵庫)を2019年1月31日(木)より、全国で順次発売します。

 

  本製品は、究極のデザイン美と、最先端の技術を集結したLGのプレミアムブランド「LG SIGNATURE(エルジー・シグネチャー)」モデルとして展開し、耐久性とシンプルかつ高級感あふれるデザインを追求した、日本初上陸の冷蔵庫です。

 

  定格内容積※1 676Lの大容量モデルで、439Lの冷蔵室と237Lの冷凍室を備え、「使いやすさ」にこだわったさまざまな機能を搭載しています。
  冷蔵室の右ドアには、窓のようなガラス扉がついており、軽く2回ノックすると、右ドア部の庫内に何が入っているかを確認することができます。ガラス扉だけを開閉することもできるため、よく出し入れするような飲料や食材を手前に入れておけば簡単に取り出すことができます。

 

    また、足元センサーで冷蔵庫の右ドアが自動でオープンする「Auto Open Door」(オートオープンドア)機能を搭載。荷物を持って両手が塞がっていたり、調理中で手が汚れている場合などに、簡単にドアを開けることができます。
  さらに、冷凍室の扉を開けると、中の引き出しが自動で手前に引き出される「Auto Open Drawer」(オートオープンドロワー)や、冷蔵庫の中をセンサーでモニタリングして自動で除菌・脱臭※2する「HygineFresh+」(ハイジーンフレッシュ)など、これまでの冷蔵庫にあるようでなかった、新たな機能を提案する冷蔵庫です。

  • ※1:定格内容積は日本工業規格 (JIS C 9801-3:2015) に基づき、庫内の温度制御に必要でない庫内部品 (棚やケースなど) をはずした状態で算出しております
  • ※2:試験結果は実使用空間の実証結果ではありません

 

InstaView™Door-in-Door冷蔵庫

 

 

<発売概要>

 

モデル名/型番発売時期価格(※予想実売価格・税別)
LG SIGNATURE InstaViewDoor-in-Door®冷蔵庫 /GR-Q23FGNGL 2019年1月31日(木) オープン価格(888,000円前後)

 

 

■主な特長

 

<外観の美しさをこだわり抜いた、精巧な質感とデザイン>

 

耐久性に優れた Textured Steel をエクステリアの素材として採用。上質な質感とシンプルなデザインに仕上げました。さらに、デザインを美しく見せるために、Wi-Fiエクリプスディスプレイを採用。優しくエレガントなライティングの円形モニターは、冷蔵室・冷凍室それぞれの温度や消費電力量を表示します。タッチ操作で簡単に温度設定や機能のオンオフ操作も可能です。

 

Textured Steel

<最先端の技術を集結させた、「使いやすさ」の新提案>InstaView Door-in-Door

 

1. ノック2回で庫内をチェックできる「InstaViewDoor-in-Door®」(インスタビュー・ドアインドア)

「InstaViewDoor-in-Door®」には、3つの特長があります。
1つ目は、窓のようなガラス扉がついており、軽く2回ノックすると、右ドア部の庫内を見ることができます。
中に何が入っているかを知りたいときに、わざわざドアを開閉しなくても確認でき、開けるたびに逃げていた庫内の冷気も維持することで、食材の鮮度を保ちます。

2つ目は、本体のドアではなく、ガラス扉だけを開閉することもできるため、よく出し入れするような飲料や食材を手前に入れておけば、簡単に取り出すことができます。

3つ目は、「ムービングバスケット」という収納部の高さを簡単に調節できるため、様々なサイズの食材を保存することができます。

 

2. 足元センサーで開閉する「Auto Open Door」(オートオープンドア) Auto Open Door

人が近づくと足元にライトが点灯。片足をかざすと、冷蔵庫の右ドアが自動でオープンします。荷物を持って両手が塞がっていたり、調理中で手が汚れている場合などに、簡単にドアを開けることができ、もし誤って開けてしまっても、一定の時間内に開閉がない場合は自動的に扉が閉まります。

 

3. 「自動引出し」でも取り出しやすい「Auto Open Drawer」(オートオープンドロワー) Auto Open Drawer

冷凍室の扉を開くと、中の引き出しが自動で手前に引き出されます。
中に入っているものが見やすく、必要なものをすぐに取り出すことができます。

 

4. 高級感を演出する「Platinum Fresh Wall」(プラチナムフレッシュウォール) Platinum Fresh Wall

庫内の4面をすべてステンレススチール製にすることで、高級感のある上品さを演出し、温度を維持します。

 

5.「HygineFresh+ 」(ハイジーンフレッシュ)によって、庫内を除菌・脱臭

冷蔵庫の中をセンサーでモニタリングして自動で除菌・脱臭します。

HygineFresh

 

<除菌>
•試験機関:北里環境科学センター
•試験方法:ISO028448:2009(JIS R1702:2012)に準ずる
•試験結果:光触媒加工フィルターにUV LEDランプを4時間照射後、試験菌(大腸菌・黄色ブドウ球菌・肺炎桿菌・リステリア菌)の減菌数を測定した結果、99.99%以上の減菌率を確認

<脱臭>
•試験機関:日本食品分析センター
•試験方法:ガス検知管法
•試験結果 : 光触媒加工フィルターをファンとともに109Lのデシケーターに入れて、ファンで20PPMのガスを撹拌して測定した結果、25分後に1PPM以下に減少したのを確認

※試験結果は実使用空間の実証結果ではありません

 

※「LG SIGNATURE」とは…

 

本来家電があるべき本質とその価値を極限まで追求し、不要な要素はそぎ落とし、家電に本当に必要な性能と使いやすさ、デザイン美を最先端の技術をもって形にしたLGのプレミアムブランド。現在、日本における「LG SIGNATURE」製品は、有機ELテレビのハイエンドシリーズ「OLED W8P」と「OLED G8P」、二層ドラム式洗濯乾燥機「LG SIGNATURE DUALWash」を展開しています。

「LG SIGNATURE」とは…

 

 

■主な仕様

 

主な仕様

 

  • ※1:定格内容積は日本工業規格 (JIS C 9801-3:2015) に基づき、庫内の温度制御に必要でない庫内部品 (棚やケースなど) をはずした状態で算出しております
  • ※2:食品収納スペースの目安<>は、日本工業規格 (JIS C 9801-3:2015) に基づき、庫内部品を取り付けた状態で算出しております。実際に食品を収納できる空間の容積の目安です
  • ※3:年間消費電力量は、日本工業規格 (JIS C 9801-3:2015)で決められた測定方法と計算方法において得られた値を表示しております

 

主な仕様

 

※本仕様は予告なく変更される場合があります
※画像はすべてイメージです
※本リリースに掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です

 

 

※LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社は、2008年6月より「LG電子ジャパン株式会社」から「LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(英文表記:LG Electronics Japan Inc.)」に法人名を変更しています

 


■LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社概要

 

社名:   LG Electronics Japan株式会社(LG Electronics Japan Inc.)
本社:  〒104-8301東京都中央区京橋2-1-3 京橋トラストタワー15階
URL:  https://www.lg.com/jp
設立:  1981年1月
代表者: 代表取締役 李 栄彩(イ・ヨンチェ)
事業内容: LGエレクトロニクス製品の日本向け輸入販売業。現在は5事業の営業を展開
【ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション】
洗濯機、掃除機、衣類リフレッシュ機等
【ホーム・エンターテインメント】
テレビ、モニター、ノートパソコン、ブルーレイプレイヤー、ホームプロジェクター等
【モバイル・コミュニケーションズ】
スマートフォン、タブレット端末、モバイルアクセサリー等
【ビークルコンポーネント・ソリューションズ】
車載用機器等
【ビジネス・ソリューションズ】
デジタルサイネージ、ソーラー事業等

 

■LGエレクトロニクスについて

 

LGエレクトロニクスは、モバイル関連製品、家電製品などコンシューマ・エレクトロニクスのグローバルリーダーおよびイノベーターとして、世界118の事業拠点に約75,000人の従業員を擁しています。2017年の世界市場の売上は554億ドルで、「ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション」、「ホーム・エンターテインメント」、「モバイル・コミュニケーションズ」、「ビークルコンポーネント・ソリューションズ」、「ビジネス・ソリューションズ」の5事業からなり、テレビ、携帯端末、エアコン、洗濯機、冷蔵庫を製造する世界有数の総合家電メーカーです。詳しくは、www.LG.comをご覧ください。

 

 

報道関係者様のお問い合せ先

 LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社
広報担当:阿部/金 東建(キム・ドンゴン)
Email: pr.jp@lge.com
TEL: 03-5299-4603(直通) FAX: 03-5299-4699