当サイトをご覧いただくには、別のブラウザをご使用になるか、Internet Explorer9以上の新しいバージョンにアップグレードする必要があります。

当サイトはサイトではレスポンシブWebデザインを採用しています。お客様のブラウザの幅によってレイアウトが変化し、画面の小さいスマートフォンなどで閲覧した際も最適化させるため、以下の指示に従ってください。

Internet Explorer8をご使用の場合は、FirefoxやChromeなどの代替ブラウザを使用するか、Internet Explorer9以上のバージョンにアップグレードする必要があります。

Internet Explorer9以上のバージョンのブラウザを使用している場合は、以下の手順でInternet Explorerのブラウザの「互換表示設定」をオフにしてください:

  • 右ブラウザの上部をクリックし、「メニューバー」オプションが選択されていることを確認してください
  • メニューバーから「ツール」を選択し、「互換表示設定」を選択してください
  • ポップアップメニューのすべての3つのボックスをオフにし、「閉じる」をクリックします
  • お使いのブラウザが自動的に更新される準備ができました
コンテンツをスキップ

【製品リリース】プロジェクターシリーズ「LG CineBeam」からフルHD超短焦点モデルをはじめとした4モデルを6月26日(水)より全国で順次発売

  • 更新
  • 2019/06/19

 

【プレスリリース】

 

大画面でコンパクト、スマートな操作性で手軽にホームシアターを!

 

プロジェクターシリーズ「LG CineBeam」から
フルHD超短焦点モデルをはじめとした4モデルを
6月26日(水)より全国で順次発売

 

報道関係各位

 

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社

 

  LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(代表取締役:李 栄彩(イ・ヨンチェ) 本社:東京都中央区)は、プロジェクターシリーズ『LG CineBeam(シネビーム)』の新製品4モデルを2019年6月26日(水)より全国で順次発売します。

 

  『LG CineBeam』は、ご家庭にいながら大画面で、動画や写真、インターネットなどを手軽に楽しんでいただけるよう、コンパクトかつスマート、そして使いやすさを追求したホームプロジェクターとして展開しています。
  今回の4モデルは、超短焦点2モデルを含んだラインアップで、レーザーとRGB LEDの2種類の光源で展開します。
  持ち運びしやすいコンパクトなデザインで設置場所を選ばず、webOSを搭載することで、YouTubeなどのコンテンツにも簡単にアクセスできるスマートな操作性。
  付属のマジックリモコンによって、パソコンのマウスのようにカーソルを移動させ、ポイント&クリックするだけでお目当てのコンテンツを簡単に選択することができます。

 

  超短焦点モデルの「HF85LS」と「HF65LS」は、超短焦点では珍しいフルHD(1920×1080)の高精細な映像を実現しました。レーザー光源の「HF85LS」は、壁からわずか20cmで120インチ、RGB LED光源の「HF65LS」は38cmの距離で100インチを投影可能。
  さらに画面を補正する4コーナー台形補正によって歪みのない映像をお楽しみいただけるため、壁への投影距離が確保しづらいご自宅や、水平に設置できない環境でも、手軽にホームシアターを導入することができます。

 

プロジェクターシリーズ「LG CineBeam」からフルHD超短焦点モデルをはじめとした4モデルを6月26日(水)より全国で順次発売

 

 

<発売概要>

 

型番発売時期価格(※予想実売価格・税別)
「HF80LS」
(高光束レーザープロジェクター)
2019年 6月19日(水) オープン価格(133,000円前後)
「HF60LS」
(高光束RGB LEDプロジェクター)
オープン価格(102,000円前後)
「HF85LS」
(超短焦点レーザープロジェクター)
オープン価格(175,000円前後)
「HF65LS」
(超短焦点RGB LEDプロジェクター)
オープン価格(123,000円前後)

 

 

■主な特長

 

WebOS搭載。YouTubeにも簡単アクセス

 

Wi-Fi環境さえあれば、外部の再生機器に接続しなくても、プロジェクターだけで、インターネットやYouTubeなどを楽しむことができます。また、webOSを搭載したことで、アクセスも簡単に。シンプルな操作感で、コンテンツを自由自在に行き来できます。

※  WebOS専用のブラウザです。PCやスマホのブラウザと表示が異なる場合があります。またファイルのダウンロード等には対応していません

 

マジックリモコンによる手軽で直感的な操作

付属のマジックリモコンは、パソコンのマウスのようにカーソルを移動させ、ポイント&クリックするだけでお目当てのコンテンツを選択することができます。
さらに、コンテンツ検索の文字入力の際などに、方向ボタンを何度も押して操作する必要がありません。また、スマホ用アプリ「LG TV Plus」経由でモバイル機器からの操作、パソコン用のUSBキーボードやマウスとの接続も可能です。

※ マウスの右クリックやホイールなど、対応していないボタンやキーがあります

 

スマホやスピーカーとワイヤレス接続

有線LAN、Wi-Fiに対応。Miracastに対応していないiOSモバイル機器でもWi-Fi経由でワイヤレス接続が可能です。さらに、Lightning-Digital AVアダプタ、Slimportなどにも対応し、有線での接続もできます。また、光デジタル(S/PDIF)接続でより高音質なサウンドを楽しめるのはもちろん、Bluetooth®でスピーカーともワイヤレス接続が可能です。電源ケーブルだけ接続すれば、さまざまなコンテンツを楽しめます。

※ モバイル機器のメーカーによって呼び方が異なります

 

各種ドキュメントファイルの再生に対応

各種ドキュメントファイルの再生に対応各種動画、音声、画像ファイルはもちろん、Excel、Word、Power Point、PDFなどの簡易ファイル再生に対応。プロジェクターの他にはUSBメモリーだけ持っていけば、コンテンツの再生ができます。

 

映像をなめらかに

映像をなめらかに低フレームレート(1秒間に表示されるコマ数)の映像でも、「TruMotion」によって、フレーム間に新たにフレームを挿入し、よりなめらかな映像で楽しめます。

 

歪み補正で真正面からでなくても正確に表示

垂直方向の画面の歪みを自動的に補正する自動キーストーンと4コーナー台形補正によって、水平に設置できない場合でも、台形になった画面を補正して、簡単に歪みのない映像を表示することができます。

※自動キーストーンは「HF80LS」「HF60LS」のみ対応

 

軽量・コンパクトだからどこでもホームシアター

エンジンの形状をI型にすることで、従来のプロジェクターよりも小型化。軽量かつコンパクトな筐体によって、可搬性を追求しています。

 

ランプ交換不要だから安心して使える

従来の水銀ランプは3~4千時間で明るさが50%まで減衰。定期的にランプの交換が必要になります。CineBeamが採用するRGB LEDランプは従来の10倍近くとなる約3万時間、レーザーは約2万時間の長寿命。また、経年による明るさの減衰が少なく、長い期間に渡り、明るいまま表示することができます。定期的にランプを交換するコストや、手間の心配もありません。

※自社調べ

ランプ交換不要だから安心して使える ランプ交換不要だから安心して使える

 

設置イメージ
「HF85LS」設置イメージ

 

■主な仕様

 

主な仕様

 

 

高光束プロジェクター2モデルの特長

 

より明るく美しい映像を。大画面、高精細、高光束のレーザーモデル「HF80LS」

 

レーザーダイオード光源によって2000ルーメンの明るさを実現。さらに新エンジンによって強化された豊かな色彩表現とフルHDの高精細な映像を、臨場感あふれる120インチの大画面で再現します。

HF80LS

 

より手軽に、コンパクトに。大画面、高精細、高光束のRGB LEDモデル「HF60LS」

 

長寿命なLEDランプで1400ルーメンの明るさを実現。さらに、最大120インチの大画面かつ フルHDに対応し、高精細で迫力のある映像が楽しめます。

HF60LS

 

 

主な仕様

 

 

超短焦点プロジェクター2モデルの特長

 

壁からわずか20cmで120インチ。より明るいレーザーモデル「HF85LS」

 

通常のプロジェクターでは120インチを投影するのに4m近い距離が必要だったのが、わずか20cmで投影可能。一般的な部屋では困難な正面からの大画面視聴も可能になります。レンズから投影面までの空間には置けなかった物も気にする必要がありません。

HF85LS

 

場所をとらないRGB LEDモデル「HF65LS」

 

壁からわずか38cmの距離で100インチ、24cmで80インチを表示できる超短焦点プロジェクター。1000ルーメンの明るさとフルHDの高精細さによって高品質な映像を楽しめます。W131mm×D309mmのコンパクトさ、2kg以下の軽量によって、設置も持ち運びも苦になりません。

HF65LS

※本仕様は予告なく変更される場合があります
※画像はすべてイメージです
※本リリースに掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です


 

※LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社は、2008年6月より「LG電子ジャパン株式会社」から「LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(英文表記:LG Electronics Japan Inc.)」に法人名を変更しています

 


■LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社概要

 

社名:   LG Electronics Japan株式会社(LG Electronics Japan Inc.)
本社:  〒104-8301東京都中央区京橋2-1-3 京橋トラストタワー15階
URL:  https://www.lg.com/jp
設立:  1981年1月
代表者:  代表取締役 李 栄彩(イ・ヨンチェ)
事業内容: LGエレクトロニクス製品の日本向け輸入販売業。現在は5事業の営業を展開
【ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション】
洗濯機、掃除機、衣類リフレッシュ機等
【ホーム・エンターテインメント】
テレビ、モニター、ノートパソコン、ブルーレイプレイヤー、ホームプロジェクター等
【モバイル・コミュニケーションズ】
スマートフォン、タブレット端末、モバイルアクセサリー等
【ビークルコンポーネント・ソリューションズ】
車載用機器等
【ビジネス・ソリューションズ】
デジタルサイネージ、ソーラー事業等

 

■LGエレクトロニクスについて

 

LGエレクトロニクスは、モバイル関連製品、家電製品などコンシューマ・エレクトロニクスのグローバルリーダーおよびイノベーターとして、世界118の事業拠点に約75,000人の従業員を擁しています。2017年の世界市場の売上は554億ドルで、「ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション」、「ホーム・エンターテインメント」、「モバイル・コミュニケーションズ」、「ビークルコンポーネント・ソリューションズ」、「ビジネス・ソリューションズ」の5事業からなり、テレビ、携帯端末、エアコン、洗濯機、冷蔵庫を製造する世界有数の総合家電メーカーです。詳しくは、www.lg.comをご覧ください。

 

 

報道関係者様のお問い合せ先

 LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社
広報担当:阿部/金 東建(キム・ドンゴン)
Email: pr.jp@lge.com
TEL: 03-5299-4603(直通) FAX: 03-5299-4699