当サイトをご覧いただくには、別のブラウザをご使用になるか、Internet Explorer9以上の新しいバージョンにアップグレードする必要があります。

当サイトはサイトではレスポンシブWebデザインを採用しています。お客様のブラウザの幅によってレイアウトが変化し、画面の小さいスマートフォンなどで閲覧した際も最適化させるため、以下の指示に従ってください。

Internet Explorer8をご使用の場合は、FirefoxやChromeなどの代替ブラウザを使用するか、Internet Explorer9以上のバージョンにアップグレードする必要があります。

Internet Explorer9以上のバージョンのブラウザを使用している場合は、以下の手順でInternet Explorerのブラウザの「互換表示設定」をオフにしてください:

  • 右ブラウザの上部をクリックし、「メニューバー」オプションが選択されていることを確認してください
  • メニューバーから「ツール」を選択し、「互換表示設定」を選択してください
  • ポップアップメニューのすべての3つのボックスをオフにし、「閉じる」をクリックします
  • お使いのブラウザが自動的に更新される準備ができました
コンテンツをスキップ

【製品リリース】CineBeamシリーズから、LG初の超短焦点4Kレーザープロジェクター「HU85LS」を11月8日(金)より全国で順次発売

  • 更新
  • 2019/10/25

 

【プレスリリース】

 

壁からわずか18cmで120インチの4K映像を投影可能!

CineBeamシリーズから、LG初の超短焦点4Kレーザープロジェクター
「HU85LS」を11月8日(金)より全国で順次発売

 

報道関係各位

 

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社

 

  LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(代表取締役:李 栄彩(イ・ヨンチェ) 本社:東京都中央区)は、プロジェクターシリーズ『CineBeam(シネビーム)』として、当社初となる、超短焦点4Kレーザープロジェクター「HU85LS」を2019年11月8日(金)より全国で順次発売します。

 

  「HU85LS」は、4K(3840×2160)の高精細な映像を、壁から約10cmの距離で100インチ、約18cmで120インチとわずかな距離で投影が可能な超短焦点モデルです。
  60インチの大型テレビの4倍にあたる「大画面」と、投影距離を最小限に抑えた「省スペース」を両立させながら、ユーザー目線での使いやすさを追求した、様々な機能を搭載しています。

 

  まず、スクリーンの凹凸に対して投影に歪みが発生しやすいといわれていた超短焦点モデルの弱点を克服すべく、12箇所のエッジ調整に対応。各ポイントの位置を調整することで、画面の歪みを自動で補正することができます。
  さらに、一般的なレーザー光源のプロジェクターは、ひとつの光源をRGBに分割して出力していたのに対し、RGBそれぞれ異なる光源を使用することで、レインボーノイズを90%低減。2,700ルーメンの明るさと、2,000,000:1のコントラスト比、HDRが映像の明暗をくっきりと映し出し、高精細な4K映像に相応しい、繊細なグラデーションと幅広い色再現が可能です。

 

  操作性においては、暗い部屋でも操作しやすいように、ボタンが光る「マジックライティングリモコン」を採用。OSには「webOS」を採用し、Wi-Fi環境さえあれば、外部の再生機器にケーブル接続しなくても、インターネットブラウザやVODを楽しむことができます。

 

  また、Screen Shareや専用アプリ『LG TV Plus』を使用して、スマートフォンなどのモバイルデバイスの画面をワイヤレスで表示でき、Bluetooth®に対応した外部スピーカーやワイヤレスイヤホンなどの音声出力機器にも接続可能。USB Type-Cにも対応し、ケーブル一本で映像を映しながらデータ転送、接続デバイスの充電も同時に行うことができます。
  これまで、表示デバイスだったプロジェクターを、多様な機能を搭載することで、“エンターテインメントデバイス”として進化させた製品です。

 

HU85LS

 

 

<発売概要>

 

モデル名(型番)発売時期価格(※予想実売価格・税別)
HU85LS 2019年11月8日(金) オープン価格(680,000円前後)

 

 

■主な特長

壁からわずか18cm、4K映像を120インチで

【わずかなスペースで120インチ、大画面の常識が変わる】

 

1. 壁からわずか18cm、4K映像を120インチで

プロジェクターとして最高クラスのThrow Ratio 0.19を実現。壁から約10cmの距離で100インチ、約18cmで120インチの投影が可能です。また、LG独自のコンパクト設計によって、本体サイズも抑え、わずかな空間で大画面を実現します。

 

2. 凹凸に敏感な超短焦点モデルを克服する12箇所のエッジ調整

超短焦点プロジェクターは短距離での投影になるため、通常のプロジェクターに比べ、スクリーンの凹凸に対して歪みが発生しやすい特徴がありましたが、本製品は12箇所のエッジ調整に対応。 各ポイントの位置を調整することで、画面の歪みを補正することができます。

凹凸に敏感な超短焦点モデルを克服する12箇所のエッジ調整

 

3. 暗いところでもボタンが見やすい「マジックライティングリモコン」

暗いところでもボタンが見やすい「マジックライティングリモコン」暗い部屋でも操作しやすいように、ボタンが光る、「マジックライティングリモコン」を新たに採用しています。

 

4. レーザー光源の長寿命ランプ

従来の水銀ランプは3,000~4,000時間で明るさが50%まで減衰するといわれ、定期的にランプ交換が必要でした。しかし本製品は、1日4時間見続けても約14年間使用できる、約20,000時間の長寿命なレーザー光源を採用。また、経年による明るさの減衰が少なく、長い期間に渡り、明るいまま表示することができます。定期的にランプを交換するコストや、手間の心配もありません。

 

 

【まるでその場にいるような臨場感】

 

1. 4Kの高精細な映像出力で、リアルな映像体験

4K(3840×2160(最大4096×2160))の高精細な映像出力を実現。60インチ大型テレビの4倍にあたる大画面で、高精細で美しい、迫力のある映像を楽しむことができます。

 

2. LG独自の3chレーザーでさらに画質が向上

LG独自の3chレーザーでさらに画質が向一般的なレーザー光源のプロジェクターは、ひとつの光源をRGBに分割して出力していたのに対し、RGBそれぞれ異なる光源を使用することで、レインボーノイズを90%低減。高精細な4K映像に相応しい、より美しい画質を再現します。

 

3. ダイナミックな映像体験、映画の色彩もありのままに

2,700ルーメンの明るさと、2,000,000:1のコントラスト比が、映像の明暗をくっきりと映し出し、繊細なグラデーションと幅広い色再現を可能にします。
また、ハリウッドを中心とした複数の映画スタジオが共同で設立したデジタルシネマに関する標準化団体Digital Cinema Initiativesが策定する色域「DCI-P3」を97%カバー。映画製作者が意図する色合いを忠実に再現します。

 

4. よりリアルな色彩と、より滑らかな動きで

HDR規格であるHDR10形式のコンテンツ再生に対応。本製品はダイナミックトーンマッピングを備えたHDR10をフレームごとに採用しているため、フレームごとに最適化された画質を提供できます。 また、映像のフレーム間に新たにフレームを挿入する「TruMotion」によって、フレームレートの低い映像でもなめらかに楽しめます。

 

 

【「webOS」が実現する「手軽に大画面」】

 

1. Wi-Fiに接続してインターネット動画を再生

H「webOS」を搭載することで、Wi-Fi環境さえあれば、外部の再生機器にケーブル接続しなくても、プロジェクターだけで、インターネットブラウザや、さまざまなVODを楽しむことができます。
また、有線LANにも対応。大容量の動画コンテンツも安定して再生できます。

※ Netflix、 YouTube、 Amazon Prime Video、TSUTAYA TV、ユーネクスト

 

2. モバイル機器ともワイヤレス接続

モバイルデバイスと同一のネットワークに接続すれば、専用アプリ『LG TV Plus』を使用して、AndroidまたはiOSデバイスの画面をワイヤレスで表示させることができます。また、Screen Share(Miracastなど)で手軽に表示させることも可能です。HDMIやSlimport、AVアダプターなどの有線接続も可能で、汎用性の高い接続性を実現しています。

 

3. Bluetooth®で音声機器とワイヤレス接続

Bluetooth®に対応した外部スピーカーやワイヤレスイヤホンなどの音声出力機器に接続が可能です。また、モバイルデバイスと接続すれば、本製品の内蔵スピーカーで、スマホの音楽や音声を聴くこともできます。

 

4. USBデバイスのファイル再生に対応

USB2.0端子を2ポート、USB Type-C端子を1ポート実装。USB Type-Cは、データ転送はもちろんDisplayPort Alternate Mode(映像、音声データ入力)、USB Power Deliveryに対応。 ケーブル1本でモバイルデバイスやノートPCの充電をしながら※1映像を楽しむことができます。
また、USBメモリなどのUSBストレージデバイスに保存されたファイルをUSB端子に接続するだけで再生可能。動画や画像、音声ファイルはもちろん、ドキュメントファイル(xls / xlsx / doc / docx / ppt / pptx / txt / pdfなど)の簡易再生にも対応しており、USBキーボード※2と接続すれば、ブラウザの検索などの文字入力※3ができるようになります。

※1: デバイス側のUSB PD対応が必要です ※2: LG Rolly KeyBoardを推奨
※3: 簡易操作となるためPCと操作が異なる場合があります ※4 Microsoft® Office97~2016、Adobe PDF 1.0~1.4まで

 

■主な仕様

 

主な仕様

 

 

※本仕様は予告なく変更される場合があります
※画像はすべてイメージです
※本リリースに掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です


 

※LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社は、2008年6月より「LG電子ジャパン株式会社」から「LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(英文表記:LG Electronics Japan Inc.)」に法人名を変更しています

 


■LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社概要

 

社名:   LG Electronics Japan株式会社(LG Electronics Japan Inc.)
本社:  〒104-8301東京都中央区京橋2-1-3 京橋トラストタワー15階
URL:  https://www.lg.com/jp
設立:  1981年1月
代表者:  代表取締役 李 栄彩(イ・ヨンチェ)
事業内容: LGエレクトロニクス製品の日本向け輸入販売業。現在は5事業の営業を展開
【ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション】
洗濯機、掃除機、衣類リフレッシュ機等
【ホーム・エンターテインメント】
テレビ、モニター、ノートパソコン、ブルーレイプレイヤー、ホームプロジェクター等
【モバイル・コミュニケーションズ】
スマートフォン、タブレット端末、モバイルアクセサリー等
【ビークルコンポーネント・ソリューションズ】
車載用機器等
【ビジネス・ソリューションズ】
デジタルサイネージ、ソーラー事業等

 

■LGエレクトロニクスについて

 

LGエレクトロニクスは、モバイル関連製品、家電製品などコンシューマ・エレクトロニクスのグローバルリーダーおよびイノベーターとして、世界140の事業拠点に約72,600人以上の従業員を擁しています。 2018年の世界市場の売上は544億ドルで、「ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション」、「ホーム・エンターテインメント」、「モバイル・コミュニケーションズ」、「ビークルコンポーネント・ソリューションズ」、「ビジネス・ソリューションズ」の5事業からなり、テレビ、携帯端末、エアコン、洗濯機、冷蔵庫などを製造する世界有数の総合家電メーカーです。詳しくは、www.LG.comをご覧ください。

 

 

報道関係者様のお問い合せ先

 LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社
広報担当:阿部/金 東建(キム・ドンゴン)
Email: pr.jp@lge.com
TEL: 03-5299-4603(直通) FAX: 03-5299-4699