当サイトをご覧いただくには、別のブラウザをご使用になるか、Internet Explorer9以上の新しいバージョンにアップグレードする必要があります。

当サイトはサイトではレスポンシブWebデザインを採用しています。お客様のブラウザの幅によってレイアウトが変化し、画面の小さいスマートフォンなどで閲覧した際も最適化させるため、以下の指示に従ってください。

Internet Explorer8をご使用の場合は、FirefoxやChromeなどの代替ブラウザを使用するか、Internet Explorer9以上のバージョンにアップグレードする必要があります。

Internet Explorer9以上のバージョンのブラウザを使用している場合は、以下の手順でInternet Explorerのブラウザの「互換表示設定」をオフにしてください:

  • 右ブラウザの上部をクリックし、「メニューバー」オプションが選択されていることを確認してください
  • メニューバーから「ツール」を選択し、「互換表示設定」を選択してください
  • ポップアップメニューのすべての3つのボックスをオフにし、「閉じる」をクリックします
  • お使いのブラウザが自動的に更新される準備ができました
コンテンツをスキップ

【製品リリース】独自技術「LG 4ch LED」を採用した、最大140インチの4Kプロジェクター「HU70LS」を12月6日(金)より全国で順次発売

  • 更新
  • 2019/11/28

 

【プレスリリース】

 

モバイル機器のワイヤレス接続やVOD再生を、プロジェクター1台で!

独自技術「LG 4ch LED」を採用した、
最大140インチの4Kプロジェクター「HU70LS」を
12月6日(金)より全国で順次発売

 

報道関係各位

 

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社

 

  LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(代表取締役:李 栄彩(イ・ヨンチェ) 本社:東京都中央区)は、プロジェクターシリーズ『CineBeam(シネビーム)』として、4K LEDプロジェクター「HU70LS」を2019年12月6日(金)より全国で順次発売します。

 

  「HU70LS」は、フルHDの4倍の情報量となる4K(3840×2160)の高精細な映像を、最大140インチ(横幅約3.1m、1.25倍ズーム適用時)の大画面で、高精細かつ美しい映像を楽しむことができます。
  光源には、RGB分離色とダイナミックグリーンの4つのLEDと、鮮明度とコントラスト比の高いDMDパネルを採用。従来のカラーホイール方式と比較し、鮮明かつ豊かな原色再現が可能な独自技術「LG 4ch LED」により、映像美を追求しました。従来のプロジェクターの弱点であったレインボーノイズを抑え、ピュアなRGBカラーを再現します。

 

  さらに、ダイナミックトーンマッピングに対応するHDR10も再生可能。映像ソースのメタデータに従い、フレームごとに最適化された明るさを再現し、暗いシーン、明るいシーンなどその場にあった明るさで表現。フレームとフレームの間に新たにフレームを生成、挿入するTruMotionによって、フレーム数(フレームレート)の低い映像もなめらかに再生します。

 

  操作性においては、暗い部屋でも操作しやすいように、ボタンが光る「マジックライティングリモコン」を採用。OSには「webOS」を採用し、Wi-Fi環境さえあれば、外部の再生機器にケーブル接続しなくても、インターネットブラウザやVODを楽しむことができます。

 

  また、Screen Shareや専用アプリ『LG TV Plus』を使用して、スマートフォンなどのモバイルデバイスの画面をワイヤレスで表示でき、Bluetooth®に対応した外部スピーカーやワイヤレスイヤホンなどの音声出力機器にも接続可能。USB Type-Cにも対応し、ケーブル一本で映像を映しながらデータ転送、接続デバイスの充電も同時に行うことができます。
  これまで、表示デバイスだったプロジェクターを、多様な機能を搭載することで、“エンターテインメントデバイス”として進化させた製品です。

 

HU70LS

 

 

<発売概要>

 

モデル名(型番)発売時期価格(※予想実売価格・税別)
HU70LS 2019年12月6日(金) オープン価格(178,800円前後)

 

 

■主な特長

 

1. 大画面でリアリティあふれる高精細映像を

フルHDの4倍の情報量となる4K(3840×2160)の映像を、最大140インチ(横幅約3.1m、1.25倍ズーム適用時)の大画面を実現。映画館のような迫力ある大画面で高精細な美しい映像を楽しむことができます。

 

2.「LG 4ch LED」により映像美を追求

RGB分離色とダイナミックグリーンの4つのLEDと、鮮明度とコントラスト比の高いDMDパネルを採用。従来のカラーホイール方式と比較し、鮮明かつ豊かな原色再現を実現します。さらに、レインボーノイズを抑え、ピュアなRGBカラーを再現します。

「LG 4ch LED」とは…「LG 4ch LED」とは

Texas Instruments(TI)社のDLP方式にRGBそれぞれとダイナミックグリーンの計4つのLED光源を採用することで、明るさや色調を強化。DMD(Digital Micromirror Device)によって、従来のLCD方式に比べ高い明暗比を可能にし、鮮やかかつ残像感の少ない映像を実現します。また、従来のカラーホイール方式よりも、レインボーノイズを90%低減します。

 

3. HDR10に対応でリアリティあふれる映像再現

ダイナミックトーンマッピングに対応したHDR10に対応。映像ソースのメタデータに従い、フレームごとに最適化された明るさを再現。暗いシーン、明るいシーンなどその場にあった明るさで表現します。

 

4. 動画をなめらかに

フレームとフレームの間に新たにフレームを生成、挿入するTruMotionによって、フレーム数(フレームレート)の低い映像もなめらかに再生します。

 

5. ズームやピント調節をリモコンで

ズームやピント調節をリモコンで最大140インチの大画面を可能にする1.25倍ズームに対応。さらに、本来本体のレバーやスイッチで調整するピントや拡大率を、リモコンのショートカットキーで設定が可能。天井など手に届きづらい場所への設置でも容易に調整が可能です。また、リモコンは暗い部屋でも操作しやすいように、ボタンが光る、「マジックライティングリモコン」を採用しています。

 

6. メンテナンスにかかる費用、手間を削減

1日8時間見続けても10年間使用できる30,000時間の長寿命なLEDランプ光源によって、交換にかかるコストや、手間の心配がありません。また、長寿命であるということは、同時に3000~4000時間の従来のランプよりも明るさの減衰が軽減されることを意味します。
従来のランプは使い始めてから徐々に明るさが失われていきますが、LEDなら長期間に渡り、明るいままお楽しみいただけます。

 

7.「webOS」が実現する「手軽に大画面」

Wi-Fiに接続してインターネット動画を再生

「webOS」を搭載することで、Wi-Fi環境さえあれば、外部の再生機器にケーブル接続しなくても、プロジェクターだけで、インターネットブラウザや、さまざまなVODを楽しむことができます。 また、有線LANにも対応。大容量の動画コンテンツも安定して再生できます。

※ Netflix、 YouTube、 Amazon Prime Video、DAZN、TSUTAYA TV、ユーネクスト

 

モバイル機器ともワイヤレス接続

モバイルデバイスと同一のネットワークに接続すれば、専用アプリ『LG TV Plus』を使用して、AndroidまたはiOSデバイスの画面をワイヤレスで表示させることができます。また、Screen Share(Miracastなど)で手軽に表示させることも可能です。HDMIやSlimport、AVアダプターなどの有線接続も可能で、汎用性の高い接続性を実現しています。

 

Bluetooth®で音声機器とワイヤレス接続

Bluetooth®に対応した外部スピーカーやワイヤレスイヤホンなどの音声出力機器に接続が可能です。また、モバイルデバイスと接続すれば、本製品の内蔵スピーカーで、スマホの音楽や音声を聴くこともできます。

 

USBデバイスのファイル再生に対応

BUSB2.0端子を2ポート、USB Type-C端子を1ポート実装。USB Type-Cは、データ転送はもちろんDisplayPort Alternate Mode(映像、音声データ入力)、USB Power Deliveryに対応。ケーブル1本でモバイルデバイスやノートPCの充電をしながら※1映像を楽しむことができます。また、USBメモリなどのUSBストレージデバイスに保存されたファイルをUSB端子に接続するだけで再生可能。動画や画像、音声ファイルはもちろん、ドキュメントファイル(xls / xlsx / doc / docx / ppt / pptx / txt / pdfなど※4)の簡易再生にも対応しており、USBキーボード※2と接続すれば、ブラウザの検索などの文字入力※3ができるようになります。

※1: デバイス側のUSB PD対応が必要です ※2: LG Rolly KeyBoardを推奨
※3: 簡易操作となるためPCと操作が異なる場合があります ※4 Microsoft® Office97~2016、Adobe PDF 1.0~1.4まで

 

■主な仕様

 

主な仕様

 

※本仕様は予告なく変更される場合があります
※画像はすべてイメージです
※本リリースに掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です


 

※LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社は、2008年6月より「LG電子ジャパン株式会社」から「LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(英文表記:LG Electronics Japan Inc.)」に法人名を変更しています

 


■LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社概要

 

社名:   LG Electronics Japan株式会社(LG Electronics Japan Inc.)
本社:  〒104-8301東京都中央区京橋2-1-3 京橋トラストタワー15階
URL:  https://www.lg.com/jp
設立:  1981年1月
代表者:  代表取締役 李 栄彩(イ・ヨンチェ)
事業内容: LGエレクトロニクス製品の日本向け輸入販売業。現在は5事業の営業を展開
【ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション】
洗濯機、掃除機、衣類リフレッシュ機等
【ホーム・エンターテインメント】
テレビ、モニター、ノートパソコン、ブルーレイプレイヤー、ホームプロジェクター等
【モバイル・コミュニケーションズ】
スマートフォン、タブレット端末、モバイルアクセサリー等
【ビークルコンポーネント・ソリューションズ】
車載用機器等
【ビジネス・ソリューションズ】
デジタルサイネージ、ソーラー事業等

 

■LGエレクトロニクスについて

 

LGエレクトロニクスは、モバイル関連製品、家電製品などコンシューマ・エレクトロニクスのグローバルリーダーおよびイノベーターとして、世界140の事業拠点に約72,600人以上の従業員を擁しています。 2018年の世界市場の売上は544億ドルで、「ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション」、「ホーム・エンターテインメント」、「モバイル・コミュニケーションズ」、「ビークルコンポーネント・ソリューションズ」、「ビジネス・ソリューションズ」の5事業からなり、テレビ、携帯端末、エアコン、洗濯機、冷蔵庫などを製造する世界有数の総合家電メーカーです。詳しくは、www.LG.comをご覧ください。

 

 

報道関係者様のお問い合せ先

 LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社
広報担当:阿部/金 東建(キム・ドンゴン)
Email: pr.jp@lge.com
TEL: 03-5299-4603(直通) FAX: 03-5299-4699