プレスリリース

プレスリリース

医用モニターの新モデル、高精細かつ正確な色合いで表示する21.3インチの3MP IPS診断用モニター「21HQ513D-B」を10月下旬より発売

2021/10/06

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(代表取締役:李 栄彩(イ・ヨンチェ) 本社:東京都中央区)は、医用モニターの新モデルとして、21.3インチの3MP IPS診断用モニター「21HQ513D-B」を2021年10月下旬より発売します。

当社は、2019年より日本で試験的に導入してきた医用モニターを今年3月より本格展開。大型モニターや高解像度モニターなどのハイエンド製品で高いマーケットシェアを誇り、信頼されるブランドとして認知されつつある当社だからこそ提供できる、高品質かつ豊富なラインアップを取り揃えています。

「21HQ513D-B」は、21.3インチの3MP IPS診断用モニターとして、用途に応じてモニターの解像度を2MP/3MPで選択できる「マルチ解像度モード」や、顕微鏡を直接見たときに近い、高精細で正確な色合いの表示が可能な「病理学モード」をはじめとする画像処理機能を多数搭載。
暗室でも紙文書などの確認が同時にできる「ダウンライト&ウォールライト」機能など、モニター操作をより効率的に、ワークフローの中断を最小限にとどめるための機能、そして人間工学に基づいたデザインで快適な作業空間を実現した製品です。

なお当社の医用モニターは、医用画像の適切な表示品質や安全性の向上を目的として社団法人日本画像医療システム工業会(JIRA)が策定した「JESRA X-0093」の管理グレード1Aに対応し、医用モニターとしてハイクオリティの再現力を医療現場の最前線に導入いただけるよう、徹底した品質管理に取り組んでいます。
製品に関する詳細や、ご購入のお問い合わせは、当社ホームページをご参照ください。

 

 

■主な特長


【精密な画像処理】
フロントセンサーによるキャリブレーション
フロントセンサーを搭載することで、その場でキャリブレーションが可能。別途で測定機器を用意する必要がありません。定期的にキャリブレーションを行うことで、経年的な劣化を防ぎ、医用画像を安定した画質で高精度に表示します。

マルチ解像度モード
用途に応じてモニターの解像度を2MP/3MPで選択できます。


病理学モード
高精細で正確な色合いが、顕微鏡を直接見たときに近い表示を実現。より正確な診断を行うことができます。


【ワークフローを効率化】

人感センサー
一定の時間、人感センサーが周囲の動きを検出しなかった場合、自動的に画面をオフにします。節電はもちろん、患者情報などの機密データを保護します。

フォーカスビュー
医用画像の特定の部分をより詳細に確認できるフォーカスビューモードを搭載。より正確で効率的な診断を行うことができます。

ダウンライト&ウォールライト
暗室でも紙文書などの確認が可能です。モニターの明るさや周囲の環境に合わせて室内の照明をつけなくても、快適に作業ができます。

 

5つのホットキー
映像モード、画面の解像度、照明の設定を手早く切り替えることができます。画面のメニューから選択するよりも、気軽に切り替えられ、ワークフローの中断を最小限にとどめます。


【人間工学に基づいた快適な作業空間】
自動輝度センサー
周囲の環境に応じて画面の明るさを自動的に調整。画面を最適な明るさで表示することで、
目の負担を軽減させます。

デイジーチェーン対応
DiplayPort出力端子を搭載し、2台のモニターをデイジーチェーンで接続できます。また、USB3.0アップストリーム/ダウンストリームをそれぞれ2ポート搭載。ケーブルの付け替えの手間を軽減し、配線がシンプルになることでデスク周りをすっきりとさせます。




人間工学に基づいたデザイン
110mmの高さ調整と、前:-5゚~後:20゚のチルトに対応。姿勢や使用環境に合わせた画面の配置が可能です。また、左右どちらにも回転するピボット機能に対応しており、2台接続時にフレーム側を合わせれば継ぎ目の少ない画面配置ができます。

 

■主な仕様

 

※本仕様は予告なく変更される場合があります
※画像はすべてイメージです
※本リリースに掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です

 


■LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社概要

 

社名:   LG Electronics Japan株式会社(LG Electronics Japan Inc.)
本社:  〒104-8301 東京都中央区京橋2-1-3 京橋トラストタワー15階
URL:  https://www.lg.com/jp
設立:  1981年1月
代表者:  代表取締役 李 栄彩(イ・ヨンチェ)
事業内容: LGエレクトロニクス製品の日本向け輸入販売業。現在は4事業を展開
【ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション】
洗濯機、冷蔵庫、衣類リフレッシュ機等
【ホーム・エンターテインメント】
テレビ、ブルーレイプレイヤー等
【ビジネス・ソリューションズ】
モニター、ノートパソコン、ホームプロジェクター、デジタルサイネージ、ソーラー事業等
【ビークルコンポーネント・ソリューションズ】
車載用機器等

 

■LGエレクトロニクスについて

 

LGエレクトロニクスは、家電をはじめとするテクノロジーのグローバルイノベーターとして、世界中に事業拠点を持ち、約75,000人以上の従業員を擁しています。
2020年の世界売上高は約560億ドルで、「ホーム・アプライアンス&エア・ソリューション」、「ホーム・エンターテインメント」、「ビークルコンポーネント・ソリューションズ」、「ビジネス・ソリューションズ」の4事業を展開。テレビ、生活家電、エアコン、モニター、サービスロボット、車載用機器などを製造する世界有数の総合家電ブランドです。
また、プレミアム家電ブランド「LG SIGNATURE」や、独自開発の人工知能技術「LG ThinQ」などを展開しています。詳しくは、www.lg.comをご覧ください。

 

 

報道関係者様のお問い合せ先 

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社 広報担当:阿部

Email: pr.jp@lge.com