映像エンジンとAIの融合

ディープラーニング技術による映像の最適化
* 上記は画質と音質の最適化のため、AIのディープラーニング技術による技術を採用し、独自のアルゴリズムによる調整を行います。
* 本コンテンツで言及されている「従来の製品」とは、当社の製品に基づいています。

画像品質のリマスター

何百パターンもの映像を学習した第2世代α7(アルファ 7)プロセッサーがオリジナル映像ソースの品質を識別します。コンテンツと周辺光を分析することにより、明瞭性、シャープネス、ディテール、明るさをディープラーニングAIアルゴリズムで最適化します
* 周辺光の最適化機能は HDR コンテンツに限定します。

音声品質の改革

AI搭載2世代目α7インテリジェントプロセッサーが、声やエフェクト、周波数を識別することにより、音質を最適化します。

オートサウンドチューニング

マジックリモコンのマイクを使ってテレビの視聴環境を自動探知。部屋の音響特性を見極めてサウンドを調整することで、視聴環境に最適な音響調整ができます。
* オートサウンドチューニングにはマジックリモコンが必要です。