OLED65E9PJA
有機ELテレビ プレミアムモデル / BS・CS 4Kチューナー内蔵
有機ELテレビ プレミアムモデル / BS・CS 4Kチューナー内蔵
¥
国内最大級を誇るオーディオビジュアルアワード
※有機ELテレビにおいて。IHS・Markit・テクノロジーグループ・TV Sets Market Tracker調べ、2013年~ 2018年第3四半期において。(このランキング結果は、LG Electronics Japanが保証するものではありません。詳しくはtechnology.ihs.comをご参照ください。)

パネルの能力を最大限に生かす
「有機EL専用」AI対応映像エンジン。

有機ELパネルの能力を知り尽くすLGが開発した「有機EL専用」のAI対応映像エンジン、
「α9 Gen2 Intelligent Processor」を搭載。
圧倒的なパフォーマンスで有機ELパネルと呼応し合い今までにない映像美を生み出していきます。

パネルの能力を最大限に生かす<br> 「有機EL専用」AI対応映像エンジン。1 パネルの能力を最大限に生かす<br> 「有機EL専用」AI対応映像エンジン。2
  • グラデーションをより美しく描写。

    多くのフレームを比較してノイズを検索し、除去するプロセスを2段階実施。さらに、バンディング低減フィルターを2回適用。4段階のノイズリダクションで映像内に含まれるあらゆるノイズを徹底的に除去し、なめらかな階調や色調を再現します。
    グラデーションをより美しく描写。1
  • 奥行き感をもたらし、映像を明瞭化。

    画像内の周波数を分析することでオブジェクトのテクスチャをより鮮明にし、エッジをシャープに再現。映像内の背景と手前のオブジェクトを識別し、コントラストを高めて表現することで、奥行き感や立体感のある映像が実現します。
    奥行き感をもたらし、映像を明瞭化。2
  • 「正しい色」でより鮮やかな色表現。

    色彩情報の処理能力を飛躍的に向上させる「True Color Accuracy Pro」技術により、数万もの色座標サンプル(LUT:ルックアップテーブル)を使用して、映像本来の「正しい色」を緻密かつ正確に分析。映像そのものの輝き、深みを遜色なく鮮やかに表現します。
    「正しい色」でより鮮やかな色表現。3
  • 速い動きもブレず、なめらか。

    4KのHFR規格にも対応し、通常の2倍にあたる最大秒間120フレームでの表示が可能(※1)。スポーツなど激しい動きの多いコンテンツの高画質画像も、ブレをほとんど感じないなめらかでシャープな映像で楽しめます。

    ※2019年モデルはHDMI、USBに対応しています。
    速い動きもブレず、なめらか。4

何百万もの映像ソースをAIが認識。
あなたが見たいコンテンツを最高レベルの映像に。

テレビで楽しむ映像には、映画や音楽ライブなど多彩なジャンルがあり、衛星放送やネット動画などコンテンツもさまざまです。
LGが開発したAI統合の映像エンジンは低画質から高画質まで何百万もの映像ソースを認識。
画質と音質を最適化するための方法をすぐに見つけだし、あなたの見たいコンテンツに合わせて、常に最高レベルの映像を映し出します。

何百万もの映像ソースをAIが認識。<br>あなたが見たいコンテンツを最高レベルの映像に。1 何百万もの映像ソースをAIが認識。<br>あなたが見たいコンテンツを最高レベルの映像に。2
  • [AI映像]
    見たいコンテンツを最上級の美しさで。

    地上波でも、ネット動画でも、見たいコンテンツのオリジナル映像ソースの画質をAIが自動認識。それぞれの画質に合わせて最適な画像処理を行うことで、コンテンツの受信方法に関係なく、美しくクリアな映像を映し出します。
    [AI映像]<br> 見たいコンテンツを最上級の美しさで。1
  • [AI輝度]
    周囲の明るさを把握し、細かく自動調整。

    昼間など明るい部屋で視聴する際、黒い部分がつぶれて見える暗いシーンも、AIが暗部の輝度を最適化。映像全体の輝度を調整するのではなく、明るさが必要な部分のみを細かく忠実に調整していきます。
    [AI輝度]<br> 周囲の明るさを把握し、細かく自動調整。2
  • [AIサウンド]
    地上波でもバーチャル5.1chに。

    映画や音楽ライブなど、今見ている映像のジャンルを分析し、サウンドの種類をAIが自動認識。ジャンルや種類に合わせてサウンドを最適化することで、臨場感あふれるバーチャル5.1chサウンドを実現します。
    [AIサウンド]<br> 地上波でもバーチャル5.1chに。3
  • [オートサウンドチューニング]
    どこに座っても最適なサウンドが届く。

    部屋のどの位置に座って、どんな角度でテレビを楽しんでいるのかをAIが自動認識。部屋の音響特性を見極めながらサウンドを調整するため、どこに座っていても最適なサウンドが楽しめます。
    [オートサウンドチューニング]<br> どこに座っても最適なサウンドが届く。4

まるで人と人が話しているように。
自然な会話から新しい世界が広がっていく。

テレビの新たな可能性とともに高度になっていく機能を複雑な操作をしなくても、誰もが自由自在に使いこなせるように。LGの「ThinQ AI」は自然な会話での音声認識を実現。「Google アシスタント」「Alexa」も搭載し、さまざまなリクエストにも幅広く応え、LGのテレビから、あなたの好奇心を満足させる提案も行います。
まるで人と人が話しているように。<br>自然な会話から新しい世界が広がっていく。1 まるで人と人が話しているように。<br>自然な会話から新しい世界が広がっていく。2
  • [Voice Mate]
    見たい映像を声で検索。(※1)

    マジックリモコンのマイクに見たい映画や俳優の名前などキーワードを話すだけで、放送予定のテレビ番組やアプリ動画などLGのテレビで見られるコンテンツ内から統合検索でき、結果が一括表示されます。
    [Voice Mate]<br> 見たい映像を声で検索。(※1)1
  • [ThinQ AI + Google アシスタント(※2)]
    テレビでできることが広がっていく。(※1)

    LG独自のAIプラットフォーム「ThinQ AI」と「Google アシスタント」をテレビに搭載。天気予報などの情報検索はもちろん、よりテレビ操作に特化した「ThinQ AI」が「30分後にテレビを消して」など複雑な要求にも応えます。
    [ThinQ AI + Google アシスタント(※2)]<br> テレビでできることが広がっていく。(※1)2
  • [Amazon Alexa(※2)]
    ショッピングや音楽も思いのまま。(※1)

    マジックリモコンの専用ボタンを長押しするだけで「Amazon Alexa」の呼び出しが可能。ショッピングや音楽を楽しむ、気になるニュースや情報を教えてもらうなど、テレビでできることがさらに広がります。
    [Amazon Alexa(※2)]<br> ショッピングや音楽も思いのまま。(※1)3
  • [AI おすすめ(※2)]
    興味がある番組を見逃さずお知らせ。(※1)

    「ThinQ AI」が今までの視聴履歴を参考に、おすすめの番組やアプリなどをお知らせ。いつも見ているテレビ番組やスポーツ中継などを見逃さないようにアシストしてくれます。
    [AI おすすめ(※2)]<br> 興味がある番組を見逃さずお知らせ。(※1)4
※1:音声認識のご利用には、マジックリモコン、インターネットへの接続が必要です。マジックリモコン非同梱モデルUM7500P、UM7100Pは別売りのマジックリモコン(AN-MR19BA)が必要となります。 ※2:実際の機能は異なる場合があります。※ Google は、Google LLC の商標です。※ Amazon、Alexaおよび関連するロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※モデルにより利用可能なコンテンツが異なります。※各アプリを使うには、インターネット接続が必要です。また、ご利用には各サービスの別途契約(有料)が必要な場合があります。
※ソフトウェアが03.60.19以上のバージョンに更新されている必要があります。

光が存在しない「本物の黒」。
そして、未知なる色彩までも再現。

光を断つことで生まれる「本物の黒」のために。
LGは幾年も技術の限りを尽くして、有機ELを作り上げました。
そして画面上に、吸い込まれるかのような漆黒を描き、従来、見ることができなかった色や光も忠実に再現。
神秘あふれる深海から、限りなく続く宇宙まで、未知なる領域に潜む色彩までも映し出していきます。

光が存在しない「本物の黒」。<br>そして、未知なる色彩までも再現。1 光が存在しない「本物の黒」。<br>そして、未知なる色彩までも再現。2
  • これまでとは違う「黒」の再現力。

    従来の液晶テレビはバックライトを使って映像を映し出すため、暗闇など「黒」を表現するときもバックライトの光が漏れてしまい、やや白味がかった「黒に近い色」となって表示されていました。有機ELは各素子が自ら発光する方式のため、発光素子ごとに完全に「OFF」にすることができ、黒は「本物の黒」として再現できます。
    これまでとは違う「黒」の再現力。1
  • 光量コントロールで暗部階調もなめらか。

    画面をエリアごとに部分調光する従来の液晶テレビに対して、有機ELは映像の電気信号が入力されると、一つひとつの素子が個別に反応。自ら発光する光量を素子ごとにコントロールできます。これにより暗部の階調もなめらかに再現でき、今まで表現しきれなかったデリケートな色合いも鮮明に映し出すことができます。
    光量コントロールで暗部階調もなめらか。2
  • ほのかに輝く光や色彩もリアルに。

    LGの有機ELは高いピーク輝度を実現し、さらによく使われる中間領域の明るさも向上。暗闇の中でほのかに輝く光のディテールや色彩も鮮明に捉え、よりリアルに再現していきます。
    ほのかに輝く光や色彩もリアルに。3
  • 高コントラストで明暗がくっきり。

    LG独自の高度なアルゴリズムにより、コントラストを緻密に計算。明るい場所はより明るく、暗い場所はより暗く、輝度の差がより一層、明確に再現され、夜景やイルミネーションなど美しい映像を堪能できます。
    高コントラストで明暗がくっきり。4
* HDR10 Pro および HLG Pro は強化されたダイナミックトーンマッピングを用いてフレームごとに HDR 信号を処理する LG 専用の HDR ソリューションです。* HDR10 Pro および HLG Pro は強化されたダイナミックトーンマッピングを用いてフレームごとに HDR 信号を処理する LG 専用の HDR ソリューションです。
* Dolby Vision は Dolby Laboratories の商標です。* Dolby Atmos とダブル D シンボルは、Dolby Laboratories の登録商標です。
* 画像の製品と実際の製品は異なる可能性があります。
* 1ms 応答時間はGtoG、すなわち中間調(grey to grey)に基づいています。
* VRR(可変リフレッシュレート)、ALLM(自動低遅延モード)
*入力遅延データは社内のテスト規格に基づいているため、測定の環境または特定のデバイスの状態により変化することがあります。
* LG OLED77インチパネルに基づいた測定結果
カタログのダウンロード
詳しい情報はこちらよりご確認ください。
ダウンロードカタログの記載内容は2019年11月現在のものです。

画面サイズ

  • 65V

パネル

  • 方式
    OLED
    画素数(水平×垂直)
    3840×2160
  • バックライト
    部分制御
    ●(Self-lighting Pixel)
  • 視野角
    ±178°

外形寸法(W×H×D)

  • テレビスタンド含む
    144.7×87.7×22.0cm
    テレビスタンド含まず
    144.7×87.7×5.0cm

本体質量

  • テレビスタンド含む
    33.6kg
    テレビスタンド含まず
    20.8kg

消費電力

  • 消費電力〔待機時〕
    480[0.5]W
    年間消費電力量

    年間消費電力量とは、省エネ法に基づいて、一般家庭での1日の平均視聴時間(4.5時間)を基準に算出した、一年間に使用する電力量です。年間消費電力測定時の画質設定は、出荷設定時の画質設定(映像モード:標準)です

    278kWh/年
  • 省エネ基準達成率

    省エネ基準達成率は有機ELテレビは省エネ法に基づく算出方法が定義されていないため、液晶の基準で算出した参考値です(2019年4月時点)

    126%

録画機能

  • USBハードディスク録画
    裏録画/くりかえし録画
    ●(2番組裏録)
  • Multi HDD
    ●(同時接続:3台まで)

チューナー

  • BS 4K・110度CS 4K
    1
    地上デジタル(CATVパススルー)
    BS・110度CSによる4K・8K放送をご覧になるには別途4K・8K放送受信チューナーなどが必要です。すべての4K・8K対応機器との接続動作や視聴を保証するものではありません3
  • BS・110度CSデジタル
    BS・110度CSによる4K・8K放送をご覧になるには別途4K・8K放送受信チューナーなどが必要です。すべての4K・8K対応機器との接続動作や視聴を保証するものではありません3

高画質機能

  • 倍速機能
    映像エンジン
    α9 Gen2 Intelligent Processor
  • HDR
    HLG映像の視聴には、インターネット接続によるソフトウェアアップデートおよび他社が提供するセットトップボックスが必要です。CINEMA HDR™
    シネマモード(エキスパート画質調整)
  • リアルシネマ
    デジタルノイズリダクション

高音質機能

  • サラウンド回路
    Dolby Atmos®
    音声多重
  • 自動音量調節
    実用最大出力(JEITA)
    60W
  • スピーカー(個)
    ツイーター:2個/20W ミッドレンジ:2個/20W ウーファー:2個/20W
    オートサウンドチューニング

便利機能

  • ブラウザー機能

    ダウンロードコンテンツには対応していません

    ハイブリッドキャスト対応

    NHKなどの放送局によるハイブリッドキャストのサービスに対応しています。今後ハイブリッドキャストに仕様追加や変更があった場合は、対応できない場合もあります。

  • Miracast™ Overlay
    省電力対応
    ●(Smart Energy Saving Plus)
  • オンタイマー/オフタイマー
    首振りスイーベル機能
  • 操作ガイド(電子取説)

入出力端子

  • HDMI™入力端子

    4K映像入力は、すべてのHDMI端子が対応します

    4
    HDMIバージョン
    2.1
  • HDMI-ARC
    コンポーネント/ビデオ入力端子(背面)
    1
  • ヘッドホン出力端子
    1
    光デジタル音声出力端子(背面)
    1
  • USB端子
    3(USB2.0対応)
    LAN端子(背面)
    1

WI-FI

  • Wi-Fi内蔵

付属品

  • 取扱説明書
    マジックリモコン
    ●(AN-MR19BA)
  • 標準リモコン
    転倒防止用部品

※[省エネ基準達成率について]省エネ基準達成率は有機ELテレビは省エネ法に基づく算出方法が定義されていないため、液晶の基準で算出した参考値です(2019年4月時点)。
※[年間消費電力量について]年間消費電力量とは、省エネ法に基づいて、一般家庭での1日の平均視聴時間(4.5時間)を基準に算出した、一年間に使用する電力量です。年間消費電力測定時の画質設定は、出荷設定時の画質設定(映像モード:標準)です。
※[HDRについて]HDMIのHDR入力に対応しています。「ひかりTV」および「NETFLIX」の提供する「ドルビービジョン」、「HDR10」サービスに対応しています。BS4K・110度CS4K放送のHLGに対応しています。
※[ブラウザー機能について]ダウンロードコンテンツには対応していません。
※[ハイブリッドキャスト対応について]NHKなどの放送局によるハイブリッドキャストのサービス、スカパー!による「スカパー!ハイブリッド」に対応しています。「スカパー!ハイブリッド」の一部機能は、別途契約によりご利用いただけます。今後ハイブリッドキャストに仕様追加や変更があった場合は、対応できない場合もあります。
※[HDMI™入力端子について]4K映像入力は、すべてのHDMI端子が対応します。HDR対応の4K/60pの映像信号を見るためには、18Gbps伝送に対応したケーブル(プレミアムハイスピードHDMIケーブル)での接続が必要です。また、この製品は以下の4K映像入力信号に対応しています。3840×2160p(23.98/24Hz、29.97/30Hz、25/50Hz、59.94/60Hz)、4096×2160p(23.98/24Hz、29.97/30Hz、25/50Hz、59.94/60Hz)
※[USB端子について]4K/120pのビデオコンテンツ入力に対応しています。
※[BS・110度CSデジタルについて]本機には、ACASチップが搭載されています。
※[BS4K・110度CS4K放送について]
1.BS4K・110度CS4K放送の録画中はBS4K・110度CS4K放送の他の番組を同時に録画できません。
2.BS4K・110度CS4K放送を録画中に視聴できるBS4K・110度CS4K放送は、録画中の番組のみとなります。
3.BS4K・110度CS4K放送視聴時は2画面表示できません。


比較

0