当サイトをご覧いただくには、別のブラウザをご使用になるか、Internet Explorer9以上の新しいバージョンにアップグレードする必要があります。

当サイトはサイトではレスポンシブWebデザインを採用しています。お客様のブラウザの幅によってレイアウトが変化し、画面の小さいスマートフォンなどで閲覧した際も最適化させるため、以下の指示に従ってください。

Internet Explorer8をご使用の場合は、FirefoxやChromeなどの代替ブラウザを使用するか、Internet Explorer9以上のバージョンにアップグレードする必要があります。

Internet Explorer9以上のバージョンのブラウザを使用している場合は、以下の手順でInternet Explorerのブラウザの「互換表示設定」をオフにしてください:

  • 右ブラウザの上部をクリックし、「メニューバー」オプションが選択されていることを確認してください
  • メニューバーから「ツール」を選択し、「互換表示設定」を選択してください
  • ポップアップメニューのすべての3つのボックスをオフにし、「閉じる」をクリックします
  • お使いのブラウザが自動的に更新される準備ができました
コンテンツをスキップ

2画面でも、1画面でも。使い方自由自在。
LG G8X ThinQ 12/6発売

選択:

オーロラブラック
G8X_1600x800
g8x_1600x800
2画面のマルチタスクで革新的なスマホライフを

2画面のマルチタスクで
革新的なスマホライフを

2画面画ならWEBと動画などを同時に見られるから、
アプリの切り替えをしなくても情報確認・操作が可能に。

取り外して1画面でも使える。使い方自由自在

取り外して1画面でも使える。
使い方自由自在

必要な時に取り外して1画面でも使えるから、
外出先での使用や携帯時もより便利に。

マルチタスクを支える充実のハイスペック

マルチタスクを支える
充実のハイスペック

約3200万画素のインカメラやRAM:6GB/
ROM:64GBなど、 1台でも使えるスペックが充実

主な仕様
通信事業者
その他機能
付属品

★LGデュアルスクリーン装着時。
※[防水について]IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、電話機としての機能を有することを意味します。IPX7とは、常温で水道水、かつ静水の水深1mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、電話機本体内部に浸水がなく、電話機としての性能を保つことを意味します。IPX8とは、常温で水道水の、水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取りだしたときに電話機としての機能を有することを意味します。LGデュアルスクリーンは非対応。
※[防塵について]IP5Xとは、直径75μm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に電話機を8時間入れて攪拌(かくはん)させ、取り出したときに電話機としての機能を有し、かつ安全に維持することを意味します。IP6Xとは、直径75μm以下の塵埃が入った装置に電話機を8時間入れて攪拌させた後、電話機の内部に塵埃が侵入しない機能を有することを意味します。LGデュアルスクリーンは非対応。
※[ハイレゾ対応について]ハイレゾ対応のヘッドホン(別売)などが必要です。
※[内蔵メモリについて]物理的容量となります。
※[外部メモリについて]HUAWEI NMカードは、Nano SIMと同じ大きさのメモリーカードで、MicroSDXCとは異なります。
※[充電時間について]別売りのACアダプタまたは特定のACアダプタ(Softbank SELECTION USB PD対応 USB Type-C 急速充電ACアダプタ[SB-AC20-TCPD]、Softbank SELECTION USB Type-C 急速充電ACアダプタ[SB-AC17-TCQC]、Softbank SELECTION microB向けUSB共通充電器[SB-AC12-HDQC])によるフル充電までにかかる時間の目安です。
※[連続通話時間・連続待受時間について] 充電が充分にされていて、通話や操作をせず、電波を正常に受信できる状態で算出した時間の目安であり、実際に使用できる時間は、使用環境・アプリ・電話機の設定状況や利用頻度等の影響で短くなる場合があります。また「緊急地震速報」ONにより、1回の充電あたりのご利用時間が短くなる場合があります。
※[最大通信速度について]ベストエフォート方式のため、回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下、または通信できなくなる場合があります。
ご利用のエリアによって、最大通信速度は異なります。エリアマップはホームページ(https://www.softbank.jp/mobile/network/area/)をご確認ください。
※[最大通信速度(下り)について] 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県の一部エリアで提供中です。
※[最大通信速度(上り)について]UDC(Uplink Data Compression)対応。上りデータ伝送の効率化によりご利用の環境によっては、記載の通信速度以上のデータ伝送が可能となります。

携帯電話機の比吸収率(SAR)について

お困りですか?製品に関するサポートはこちら。 

希望されるサポート・お問い合わせのボタンを選んでください