INPUT FRIDAY 12/03 Fri 20:00

“食べチョク”が描く未来

食べチョク代表秋元里奈

毎回異なるゲストへ「前進するためのヒント」を伺うインタビュー生配信番組「INPUT FRIDAY」。

第2回は食べチョク代表の秋元里奈氏をゲストに迎え、「“食べチョク”が描く未来」をテーマにお話しいただいた。

中学生の時に実家の農家が廃業してしまった経験から、純粋に農業に貢献したいという思いで起業。当時IT業界にいたこともあり、副業や転職など様々な選択肢があったなか、友人の「今やらなければ、一生起業しないね」という言葉で独立起業を決意。片手間にやっていたら、本気度が伝わらず上手くいかなかったのでは、と振り返った。

食べチョクが人気の理由を「生産者ファースト」という生産者に価値還元するシンプルな判断軸でぶれずに施策を積み重ねてきたことであと語る秋元氏に対して、高瀬氏もコンテンツ開発するとき「それ何でやるんだっけ?」という原点に立ち返ることを重視していると共通点を見出した。

上手くいかない時も生産者の声を聞くことが気づきにつながり、今でも生産者を訪ねることが楽しいと言う。まだまだ課題は多いが、2022年に登録者100万人以上を目指していきたいと語った。

Facebookグループへ